玄界灘を見に・・・・呼子、唐津 1泊2日小旅行(2日目)

朝は、また唐津城の見えるお部屋で朝食。こんなにのんびりと沢山のおかずをたべることはまずないですね。普段は起きてから、家を出るまで、30-40分ぐらいですから。

まずは、唐津城へ。ここは秀吉の家臣のお城で、名護屋城の解体資材を用いたといわれています。今年、築城400年だそうです。思ったけど、お殿様ってやっぱり一番上の階にいるんですよね?お城って素敵だけど、やっぱり殿様もエレベーターなんかないから、おっちらおっちら階段を上がって天守閣へ登るのかしら?

b0021101_20581612.jpg

お城からみた、虹の松原。

b0021101_2133580.jpg
唐津の銘菓の看板と、鯨の看板がなんかレトロっぽくてよかったので撮影。捕鯨もしてたみたいですね。

b0021101_20585918.jpg
そのあとは、旅館のパンフをみて素敵だったので"旧高取邸”(唐津市内)へ。ここは、予想外に素晴らしかったです。こんなに素敵で、趣味がいい、豪華な家があるなんて!唐津へいらっしゃったら、ここは必見です。感動しましたよ~~。唐津城はパスしても、旧高取邸は絶対行くべし。

b0021101_2112647.jpg
ランチは、有名な唐津バーガー。虹の松原の途中の駐車場みたいなところにあるのですが、人が一杯!

b0021101_2121519.jpg
一番人気というk、スペシャルバーガー460円。ベーコンと、ハムが入ってたかな?食べ応えのあるバーガーでした。

そのまま糸島半島をドライブします。やっぱり海沿いっていいですね。雰囲気がのんびりとしていて、いい感じです。芥屋の大門(けやのおおと)という、絶景スポットにも寄りました。洞窟があるそうなのですが(洞窟大好き)、中まで入れる遊覧船は11月で終わりだって!残念。

b0021101_2143596.jpg

いかにも玄界灘という感じがしませんか?私のイメージの玄界灘は、海が黒くて、波が荒くて、ドボーンていう感じなんです。こんな海を、昔の人は粗末な船で渡って行ったのですね。いまと違って、行くとなればかえってこれない、途中で遭難もありの命がけだったんですよね。

b0021101_2145671.jpg
二見ケ浦の夫婦岩です。伊勢の二見ケ浦は朝日が綺麗だそうですが(中学校の修学旅行で無理やり早起きさせられて見に行ったのを覚えています)、ここは夕日が綺麗な二見ケ浦だそうです。

b0021101_2151088.jpg
せっかく福岡市に入ったので、シメは久留米ラーメン。普段はあまりとんこつラーメンは食べないのですが、この紅しょうがが好きだったりします。

あわたたしかったですが、玄界灘を見ることが出来ました。今、韓国にハマっていますが、もともと古代史が好きなので、大陸との交流には以前から興味があったのです。そういう二重の意味で、とても私にとっては満足ができる旅でした。司馬遼太郎さんの”街道をゆく”の対馬・壱岐も非常に面白いので(読んだそばから忘れちゃうんだけど)、大陸との交流にご興味のあるかたは読んでみてね。
[PR]
by the_big_blue | 2008-12-16 21:24 | travel, diving, ovtd