年末年始韓国旅行<一人旅編>3日目(韓国からアップ)

年末年始韓国旅行<一人旅編>2日目の夜(韓国からアップ)の続きです。

12月30日(火)です。

28日(日)の夜にソウルに着き、今日が3日目です。1人でインサドンのホテルに2泊しました。今夜からホテルを変わり、友人が合流します。東大門近く新しく出来たホテルに泊まります。ホテルの手違いで、今日だけ1ランク上の部屋になりました。ラッキー!

部屋にはPCが2台に、両手の長さぐらいの幅がある巨大なTVがありました。うはは、これでTV見られるなんて幸せ。さきほど、イ・ジュンギの男性化粧品のCMも見たし(まぢに美しい!)、あとはSE7ENだけだな、見てないのは。今の韓国でSE7ENが見られることは無いか(ーー;)?明日からは、普通のツインの部屋に戻るそうです。残念!

今日は、完全に一人旅でした。10時半にインサドンのホテルをチェックアウトして、地下鉄で新しいホテルへ移動。ソウルの地下鉄はエスカレーターが少なくて階段が多いからスーツケースを持っての移動が大変なんですよ。地上に上がったら上がったで横断歩道が無い事が多くて、また地下道の階段をえっちらおっちら。バリアフリーという面ではこれからという感じですね。車が優先の世界なんですね。お年寄りは大変だと思います。

ホテルには11時半ごろ行ったのですが、まだチェックインは出来ないということだったので、荷物を置かせてもらって、昌徳宮へ。フロントのねーちゃんは、忘れっぽいけど、日本語が通じるので便利です。

昌徳宮は世界遺産に指定されていて、今回の旅の目的の一つでもありました。木曜日だけ自由観覧をすることが出来ます。それ以外の日はガイドさんについて行くことになります。日本語ガイドは一日に4,5回あります。12時半の回に参加しました。ソウルは寒くないと書きましたが、今日はメッチャ寒いです。手袋もマフラーもなしで出かけたので、まぢ寒かった。入場料は3000ウォンです。安いですね。(特別回覧は15000ウォン)

b0021101_2243522.jpg

国宝の仁政殿。ここで最高位の建物。公式行事を行う場所だったそうです。

b0021101_22464720.jpg

石に書いてある文字が冠位で、ずらっとココに両班たちが並ぶわけですね。時代劇ドラマのシーンが眼に浮かびますね。

b0021101_2244573.jpg

屋根についている飾りが見えますか?これは、三蔵法師ご一行だそうですよ。一番前が三蔵法師様だそうです。

b0021101_2256327.jpg

青い瓦が見えますか?ここは王の執務室で、現在の宮殿に残っている唯一の青瓦の建物だそうです。

b0021101_22491848.jpg

ツアーは約1時間半。耳と手が寒い!先週はソウルは-14度まで下がったそうです。やっぱり歴史のあるところは面白いです。ここの庭園が有名で、世界遺産に選ばれたのもこの庭園のおかげだそうです。この池(芙蓉池)はチャングムのロケで使われた所だそうです。王様とチャングムが散歩した場所。で、上に見えるのが図書館で、ここからチ・ジニさん演じるミン・ジョンホ様がこっそりチャングムの姿を見守っていたそうです。(そんなシーンあったかなぁ?)

b0021101_2255097.jpg

典型的な両班の家だそうです。儒教の教えにしたがい、男女で居場所が分かれていたそうです。

個人的な印象ですが、昌徳宮は真面目な王宮という感じがします。個人的には、景福宮の方が面白かったかな。博物館もあるし、オンドルの煙突が美しく、建物も優雅。景福宮は自由に観覧が出来て、無料のボランディアのガイドさんが付いて説明してくれます。少人数だからわかりやすかったのかもしれません。昌徳宮はガイドさんが何十人という団体を引き連れて、マイクをもっての大まかな説明になってしまうからなんとなく物足りなく感じたのかもしれません。どちらの宮も見る価値はありますので、機会があればぜひ行ってみてください。

私は今回は宗廟(世界遺産)にいけなかったので、次回のお楽しみということにしておきます。さて、2時前にはガイドツアーが終わったので、王宮の隣にある北村エリアを散策することにします。

北村は昔の両班が住んでいたエリアだそうで、古い町並みが残されているということでした。どうやって歩いていいか良くわからなくて、これぞ~~みたいな風景には出会えませんでした。一人で歩いている旅行者も見かけました。ちょっと次回また時間をとって、ゆっくり散策したいと思います。

b0021101_2259116.jpg
一応、冬ソナの高校(中央中高等学校)も入り口だけ見てきました。あとで、友達に高校へ行ったといったら、中に入らなかったの?と言われました。え、中に入っていいの??

b0021101_2372885.jpg

北村文化センターというのがあり、ここでいろんな文化体験が出来るみたいです。ここの雨樋が鳥の形をしていて素敵だったのでパチリ。

b0021101_2393352.jpg

遠い昔にソウルに行った時に見た古い韓屋のイメージを求めて歩いたのだけど、ちょっと違うんですよね。もっと、白っぽい感じだったんですよ。くねくね路地が入り組んでいた気がするのですが。北村は結局半分位しか歩いてないけど、めっちゃ寒いし、お昼も食べて無いから腹が空きました。北村にはおしゃれなカフェも沢山あってお茶しようかと思ったけど、1人でお茶してもつまんないと思ってインサドンへ向かいます。

おっと、その前に、ここ行かなくちゃね。

b0021101_23131540.jpg

b0021101_231575.jpg

今6話まで見てる”犬とオオカミの時間”で使われたタイレストランです~~。思ったより小さいのね。

b0021101_23115594.jpg
お昼はチャジャンメンと決めていました!ガイドブックには4000ウォンと書いてあったけど、4500ウォンに値上がりしたみたいです。3時半ごろの遅いランチになりました。美味しかったです。新大久保では何度か食べたことありますが、韓国で食べるのは初めてです。

インサドンではまた、ホットクを買って立ち食いしました。昨日と違うお店にしましたが、やっぱり、安国の駅に向かって右側のおばちゃんがやってる方がおいしい。

韓国に来て3日目(といっても1日目は移動だけだから、実質2日目)にしてやっと雰囲気になじんできました。エスカレーターの立つ位置の違い(関西と一緒かな?)、人とぶつかることが普通に多い事、本屋で混んでいようが通行の邪魔だろうが座り込む人達とか、デカイ携帯の着信音や、喧嘩してるみたいに聞こえる声やら、愛想がないけど悪げは無い事とか。すべては、私が日本の常識で見るからなのですが、正直慣れるまでは違和感があるんですね。比較をするのではなくて、ここでのやり方を楽しもうと思います。

さて、今日はまた本屋リベンジです。けっこうしつこい奴ですね、私も。昨日は、リブロ2回、教保1回、永豊2回も行きました。基本的に本屋が好きです。今日も、教保、永豊へ一回ずつ行きましたよ。昨日、ハングルの文字が分からなくて本の検索出来ず凄く悔しかったからリベンジしにいったのです。今日はちゃんとスペルを確認してきましたからね。時代劇シリーズ検索大会です。

왕의남자  (王の男)
일지매 (一枝梅)

そして急に思い立って、洪吉童(ホンギルドン)。適当にハングルで打ったら当たった。KALの機内誌で、入国の書類の書き方のページがあるじゃないですか?それが全部、ホンギルドンだったんですよ。そこまで有名な人なら、どんな人か知りたいなと。홍길동は実在の義賊だそうです。最近ドラマもありましたよね。見てみようかな?

結果、教保文庫の蔵書は凄いということが分かりました。欲しかったあの本があったのです!超嬉しいったらない。

b0021101_23215834.jpg

戦利品はこちら。教保には、”王の男 movie story book"がありました!韓国語だから読めないんだけど、映画のシーンの写真が入っているから嬉しい。あと、”イルジメ”と”王の男”の子供用漫画があったので、買いました。少し韓国語が分かるようになったら読みたいと思います。でも、永豊文庫も負けていませんでしたよ。教保文庫でには、4巻、5巻しか置いてなかったイルジメの漫画が全巻揃っていました。今度のMBCで放映されるドラマ”帰ってきたイルジメ”の原作がこれだそうですよ。読めるなら欲しかったのですが・・・。1冊7500ウォンで全部で8巻もあるしね。あと、英語のホンギルドンは永豊で買いました。なんだかとっても充実した気分です。

正直、昨日はハングルでの検索が出来なくて凹み混みましたが、今日は私もやればできるじゃん!と単純に嬉しくなりました。ハングルで本を検索して、棚まで行って、目的の本を探せたこの達成感!

b0021101_23255666.jpg

寒くなってきたのでホテルへ戻りました。チャジャンメンを食べたのが午後3時半ぐらいだったから、まだお腹は空いてないのだけど、夜中に何か食べたくなるだろうと思ってコンビニでおにぎり等を調達。昨日の辛ラーメンがあるしね。

今夜12時ごろ友達が到着します。明日から、二人旅です。一人旅も、ちょっと寂しかったり、食事が不便ではありましたが、一人で行動するのも面白かったし、楽しめました。夜は歌謡祭やら演技大賞の放映があるから、TV見なきゃなんないしね。

今回みたいに、最初1人旅、あとで友人と合流というパターン、楽しいかも。
[PR]
by the_big_blue | 2008-12-30 20:02 | K-travel, gourmet