Tim First Live in Osaka レポート:その3 セットリスト

Tim First Live in Osaka レポート:その2 アンコール曲のつづき。分けて書きます。

じゃじゃーん。これからやっと Timの First Live in Osaka レポートです。

2009年2月22日、大阪松下IMPホールで行われたコンサート。会場は16時、開演17時。コンサートが始まる頃は雨になっちゃいました。関東は雨の気配なかったんだけどね。大阪で傘をかいましたよ。

ところで、Timって日本ではどうなんですかね?
あんまり知られてないの?
知名度的にいうと、teiさんよりもマイナーですか?
Korean Star LiveにTimも出て欲しい位の人だと思うのですが。
今度の事務所は、日本活動をこれからがんばろうとしているようなので期待したいです。

昼前の飛行で伊丹へ。11時半からのショップ開催のサイン会には間に合わない~。早い便取っとけばよかった。去年の都内でのファンミに引き続き、SE7ENチングである友人と参加です。

昼過ぎに伊丹。ランチは鶴橋で食べることにしました。駅近くの市場は市民の台所と言った感じで凄い活気。
b0021101_2482864.jpg
普通に屋台でチジミとか、トッポッキとか売ってて面白い。

b0021101_248597.jpg
韓国のお餅のお店もありました。

日曜日だったから、奥の方はお休みでひっそりとしていましたけどね。コリアンタウンへ行こうとしたが場所が良く分からず、うろうろして諦めた。市場とは違うところにあるみたいなんですが、地図の読めない女が2人(笑)。駅前にあるお店に適当に入って焼肉ランチを食べました。鶴橋にはサムギョプサルやチキンのお店はほとんど見当たらず、昔ながらのイメージの韓国料理やさんが多いです。値段もあまり安くはない。でも、久しぶりの牛の焼肉はうまかった。豚ばっかりたべてるからね~~。ランチ後、市場をぷらぷらして腹ごなししてから、京橋の会場へ移動。

まずは、セットリスト。抜けとか、順番違い絶対あると思うけど、記憶がこれしかない。(多分、全15曲、約1時間半)

追記→その後、不明の曲名判明いたしました。あと、10曲めと11曲目が入れ違っていましたので、訂正しました。すみませんでした。

1. サランハンマンクム
2. Just the two of us
3. コマウォッタゴ
4. ?(思い出せない) → Yes
5. 足首を怪我して
6. 世界の果てに
7. パレヨ feat. Tim
8. 楽しい人生 feat. ソン・ホヨン
9. ソン・ホヨン・オンステージ
10. Walk on water
11. ”桜色舞うころ”(中島美嘉)
12. 新曲 ナランサラム(初)
13. サランハムニダ

<アンコール>
14. "Fall in love"(Chris brown)
15. Stevie Wonderの歌(曲名不明だが有名な曲)→ Isn't She Lovery

b0021101_344645.jpg未だに、思い出すとさ~~、夢心地よ。
会場はそこそこの広さ。確かコンサートは800人の募集。ほぼ満席でした(安堵)。チケットプレゼントの案内をどこかで見たけどね。後で思えば、Timペンだけじゃなくて、ソン・ホヨンペンが結構いたのかなと思います。

座席はわりかし神席。前から3列目でしたぁ~。Timの席は結構恵まれているかも。だから、こうしてどんどん魅力にやられちゃうんでしょうね。ただ、中心ではなかったので、あまり寄ってきてもらえず。舞台に向かって左側ばかりいっちゃうんだよ~~。なぜ?

1曲め、サランハンマンクムのPVが流れ、暗闇の中、tim が出てきた。マイクスタンドの前に立つ彼のシルエットしか見えない。私達は流れるMVだけを見て、生のTimの声をBGM聞くとは、なんという贅沢。なんと、心に響く声なんでしょう。生で歌っても、CDを完璧に再現できる、全く乱れのない完璧な歌唱力。つうか、CD以上の上手さなんですけど~~。

そのままTimが引いたと思ったら、2曲目は Just the two of us. 舞台後方から歌いながら現れます。ファンミの時もそうだった。ううう、ほんとにまぶしいです。きれい、素敵、背が高くて、輝いてますわ。近くを通ってくれた人たち、ラッキーですね。近くで見たかった。

今回は、通訳さんがつきました。友人曰く、関西は大阪はこの人が多いそうです。コンサートだったけど、ファンミチックだったかも。Timは韓国語で話しました。通訳してくれるので意味は分かりましたが、やっぱりそのままの言葉で理解したい。面白いこと言っても、分かる人はすぐ笑うのに、いつも置いてきぼり。この気分が毎回嫌なの!でも、勉強しないからしかたないね。

Timの言葉は、謙虚で、優しく、誠意がこもっていました。でも、何話してたかよく覚えてない(爆)。顔ばっかりみてたから。大阪に関する話をしてた気がしますが、地元じゃないので、リアクションできず・・・(苦笑)。

とにかく、目の前で、Tim が歌ってる姿を見るだけで、声を聞くだけで私には夢ですもん。ダンスもいらん。というか、Timはあまりダンスは得意じゃないよね?笑うとほっぺにえくぼができて、笑顔がめっちゃかわいい。えくぼがある人、好きなんですよ。って、ほかに誰が居たっけ?前回のファンミのときよりちょっとふっくらしたかな?胸板も若干厚みがでて、がっしりして見えた。でも、太くはない。礼儀正しくて、品が良くて、優しくて、もろ私の理想のナムジャを具現化した感じの方でございます。

とにかく、本当に歌声が素晴らしい。歌だけで勝負できる、”歌手”だと思った。

選曲は基本的に前回のファンミと似ていました。本当はあと数曲ぐらい歌って欲しかった。今年、日本でいう28歳。前回のファンミでは白い王子様だったけど、今回はジーンズでわりとラフに近い感じ。前にみたMnetか何かの番組でも普段はTシャツにGパン着てるタイプみたいです。でも、ステージだと王子様衣装を着せられちゃうみたいです。だから、今回は割りと素に近かったかなと思います。衣装は3回変わったと思う。前髪上げてたので、男っぽかったけど、さわやかさは隠せない。こんないいナムジャが地球にいるなんて罪だ。

昔のアルバムから2曲歌ってくれました。一応アルバム全部きいてはいるんだけど、曲名と一致しなくて、どうしても1曲が思い出せない。このあたりで、フォトタイムを取ってくれました。被写体はいいんだけど、カメラマンが悪いからなかなかいいのが撮れなかったけど、宝にします。

そのあと、OSTが2曲。個人的に、OSTの2曲が大好きなので、それを生で聞くことが出来ただけでも大阪まで来た意味があると思いました。MVが流れるんですが、そこに”一枝梅”に出ていたパク・シフさんを発見。”足首を怪我して”のほうですね。MV見るのがもったいなくて、一生懸命、生のTimの姿を追いかけてましたが。

”セサン クッテソ”のMVと曲がたまらなく好きです。これ、初めて新大久保の店頭見たとき、目がクギヅケになりましたもん。久しぶりに見るTimの動く姿というだけでもショックだったけど、このMVのTimの横顔にくらっときました。ちょっと鍛えたんじゃないという、ぴったりした白いシャツにもドキドキ。



これが、例のクギヅケMV。”ネ ヨジャ”というドラマのサントラに入ってます。ドラマは冬ソナのチェリン(古いね)が出ています。去年、ソウルへ行ったときTVでそのドラマが放映中でしたが、暗そうな感じで、そそられなかったなぁ。そのときは、まさかTimがOSTに参加してるとは知らなかったから、気をいれないでみてましたけどね。

もう、これを熱唱するtimは、感動ものでした。体力を消耗しそうな歌であります。高音は部分はちょと辛そうでしたけど、見てる私は溶けましたね。OSTが2曲が終わって、夢見ごこちの私。Timくんはひけていきました~~。

つづく→
[PR]
by the_big_blue | 2009-02-26 22:00 | Tim