韓国ドラマ: 魔王

b0021101_1058451.jpg昨夜の東方神起の東京ドームビギスト先行の抽選にはずれて、思いのほか凹んでます。東京ドームは大きいから当たるとタカをくくっていたんだな。落選のメール見たときに、まさか!と思いました。本当に遠くなっちゃったんだな・・・。んで、昨夜から今日にかけて、フテ寝ならぬ、フテドラマ鑑賞していました。”韓国ドラマ:復活(オム・テウン主演)に続いて”魔王”です。復活と同じスタッフが作った作品です。13話から20話(最終話)まで一気に見ました。

★魔王とは?(So-netサイトより)★
過去は悪人だったが善人になった刑事と、善人から悪人になった弁護士…。少年時代に起こしてしまった悲劇的な殺人事件をきっかけに、宿命的な対決をすることになる2人の男カン・オス(オム・テウン)とオ・スンハ(チュ・ジフン)。その2人をつなぐサイコメトラーの能力を持つ女性ヘイン( シン・ミナ)。3人を軸に展開される殺人事件と儚い愛という陰影がドラマに深みを与えてくれる。


今回も”復讐”がテーマです。暗いけど、”復活”のどん底だけの世界とは違い、切なさや、ドキドキするところもあるので、こちらのほうが好きです。タロットカードがストーリーの鍵になっていて、暗示が多く難解ではありますが、知的な香りのドラマでした。サントラが Jazzっぽい感じで素敵ですね。OST聞いてみたいな。

”復活”で若くて美しかったテウン氏は、ちょっと老けちゃったかな。サイコメトラーのヘインが透視して全部事件を解決してくれるので、警察は要らないんじゃないかと思いましたが(笑)。難しい役ですね。殺人者で刑事やるってちょっと矛盾した設定だし。でも、味がある役者さんで、演技上手がいから安心してみていられます。

相手役のシン・ミナちゃんは、沢山のドラマや映画に素敵な俳優さんと出ててうらやましい。彼女は、クセがなく、素直でまっすぐなところが魅力かな?ヘインも可愛いから、もてても仕方ない。

チュ・ジフンは、”宮”を見たときは、冷たい顔が苦手で、良さが分からなかったです。でも、今回のミステリアスな役はハマリ役でした。心の中を見せないクールな弁護士役なのですが、本当の心はとても優しく愛情深い。その深い愛が復讐心に変わり彼を変えてしまう。そのジレンマに揺れる姿が切なくて・・・。演技力もこのドラマで評価されたそうです。モデル出身だけあってスタイル抜群で、スーツ姿はため息もの。最近目が細い人が好きになったみたいなので、良く見えるようになったのかな?あの冷たさの混じった切ない表情はいかんですね。

正直、ドラマのサスペンスを追いかけるのは途中で面倒くさくなっちゃんたんだけど、ジフニの顔が見たくてドラマを見ていた気がします。ジフニとミナちゃんとのはかない恋が、かなりかなり胸キュンでした。ほんと可愛いんですよ、二人とも。

愛する人を守ろうとするんだけど、それぞれ度合いとやり方が違っていて、結果的にいろんな人を巻き込んでいくのです。自分を守ると、相手が傷つく。相手を憎みつつ、復讐をする自分が許せない自分、そして最後に自分が当事者になる皮肉。こんな結末ってあるかい???最終回は、号泣です。カン・オスとオ・スンハが切ない、切なすぎる~~。

5点満点で★★★2/3。4点つけたいところを我慢。
[PR]
by the_big_blue | 2009-04-18 16:23 | K-POP, drama, movie