韓国ドラマ: タルジャの春

b0021101_12214920.jpg
友人2人から超お勧めだということで借りたドラマ。全22話。最初は勢いよくぶっ飛ばしてみていたんですが、時間がなくて数話を残し、一時中断していました。昨夜~今日で一気に全て見終えました。

とても面白かったです。33歳の仕事ばっかりしてて恋愛に縁のなかった女性(タルジャ)が、ひょんなことから6歳年下の男性(ホンギ)と出会い、紆余曲折あって恋愛関係になって~~というお話です。

このドラマの魅力はセリフかな。ドラマを通じて、心にしみるセリフが多いんですよ。いちいち書き留めておきたいと思うようなセリフが沢山ありました。でも、一つも書き留めてないので、手元にはないですけど・・・。”そうそうそう!”と言いたくなるようなものが沢山ありました。タルジャと自分が重なる部分があり、共感する部分も多々ありました。

こんな上手い話は無いと思っていても、ドラマを見ていると、タルジャみたいなことが起きたらいいなぁと馬鹿な幻想を抱きなるそうになる自分に危険を感じましたが。だから、ドラマには深くハマりたくないと思うわけですわ(苦笑)。偶然知り合った年下君は、とってもハンサムで、とってもいい子だったわけです。そこまでは、まぁ、ありえないことでもないかもしれません。でもね、結局はねその子はお家柄も良くて、実は若くして弁護士だったりするわけです。そして、弁護士というおいしい身分を捨てて、お弁当屋さん開くわけですよ。そんな話は多分、いや、絶対にないと思う。だからドラマなんですけど。

しかし、韓国は33歳でも完全におばさん扱いですね。女性が自分より年上だということが男性にとってそんなに大変なことなんですね?あたしなんて、韓国にいたら、生きていけないわ。旅行へ行くたびに、とっても楽しいと感じますが、正直住める国ではないなと感じていました。皆さんのパワフルさ、気の強さには、とてもついていけません。

話はドラマに戻って、ユーモアたっぷりで、チェリムが演じるタルジャがとっても面白くて魅力的です。がんばりやで、単純で、ちょっとドジで、人間味があって、見ているととても元気が出てきます。人間、やっぱり明るくて前向きであることが大切だと思いました。

このドラマの魅力は、主演のタルジャ(チェ・リム)、テボン(イ・ミンギ)の魅力もありますが、共演陣がすばらしく魅力的。ドラマのキャラクターと俳優さんが上手くマッチしているんです。ちょっと変わり者のキャリア女性のソンジュ、優しい女たらしのセド、そのほかに、可愛い課長、インパクトの強いチーフ、後輩思いの先輩、煩いけどなんだか可愛い母親達、見守る祖父母等、みんないい味出しています。一人一人説明したいぐらいですが、ここでは割愛させていただきます。心痛くなるドラマより(たとえば、”魔王”は良いドラマでしたが、ずっと胸が痛くて切なかった。)こういうドラマのほうがいいですね。

最後は、いいとこまでいって、結局が女性が1人で海外へ留学して、その2年後・・みたいありがちな展開ではありましたが、二人はうまく再会いたします。

5点満点で★★★★つけちゃおうかな。同じ働く女性のタルジャが、いろんな失敗をしたり、落ち込んだりもしながら、とってもがんばってて、元気良くて、可愛くて、とても魅力的だったから。アイライン以外は、見習う点多し・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2009-05-16 17:46 | K-POP, drama, movie