東方神起: ミロコン in 上海参加(その3 ラスト)

東方神起: ミロコン in 上海参加(その2)の続きです。

もう、読むほうも嫌になっちゃうでしょ?あたしも、1回で書き上げる予定だったのですが、いざ書き始めたらいろいろ思い出しちゃって、長いだらだらレポになっちゃたのだ。本当にこれで終わりにします。さて、ここからやっとメンバーの話。

たま~にだけど、近くの花道に来てくれたのですが、そうすると5m弱の距離に5人が!舞い上がって、頭真っ白です。立ち位置のちょうど正面に居たので、ガンミできました。今年初めのビギストのファンミ以来ずっと座席運に見放されて来ました。(Super Junior にまでにその影響は波及した!)、近くでみるトンなんて久しぶりですよぉ~!!全員、そろいも揃って美しい。これだけの観客を魅了する彼らは本当にアジアの星でしたね。会場は真っ赤です。
b0021101_2391995.jpg


チャミはすごく男っぽくなった。確かに、顔が痩せて頬骨が目立ってました。でも、実物を見る限りは、男っぽくなったという印象の方が強かったです。チャンミンの童謡みたいな歌、好きです。激しく高音でシャウトするより、やさしく歌うチャンミンがいいな。性格はこのままブラッキーで。

ユノは、いつも書いてますが、写真より実物は数十倍カッコ良いですね。細いのにしっかり筋肉質。ファンへの目線が優しい。太い二の腕が眩しかった。一番今、精神的体力的に辛いのはユノかな?舞台で見るユノは、堂々として、輝いてましたよ。裁判の直後だったって昨日知りましたが、そんなの全然分からなかった。

ジュンスは動きが早くて、止まってくれないから、写真に撮ろうとしてもピントが合わない。♪時間よ、止まれ♪(古いねぇ)と何度思ったことか。目の前のタオルに邪魔され、光の棒に邪魔され、あああ、一番残したかったのに!!後半になって顔がピンク色に上気したジュンスはさらに可愛く、本当に天使みたい~~~。可愛すぎる・・・・。

ユチョンは早い段階(ソロ)で泣いちゃって、周りでもグスグス鼻水音が。生ユチョンは、美しい顔立ち、広い肩幅、綺麗な立ち姿でとても素敵でした。やっと最近、私もユチョンの魅力がわかってきましたよ、ふふふ。あと、今回の髪型、私は好きです。

ユチョンのソロやバラード曲のときは、”みんな静かに歌を聴いて~~、座れ~~”みたいな指令が後ろから出てた(と思う)けど、結局、座ると自分が見えないだけなので、結果的には結局みんな立ってた(苦笑)。

あと、皆さん既にご存知の通り、ジェジュンは尋常じゃない美しさですよ。髪の毛サラサラ。でも、身体はがっしりで、顔はお人形さんみたいで、そのギャップがたまらん。色の白い男なんて気持悪いと昔は思っていたけど、今は色白が素敵に見える(爆)。

トークは少なかった気がします。歓声が凄くて殆ど聞こえないけど、韓国語で話している時は、中国語字幕が出ていました。彼らが中国語で話すと観客は大歓声。でも、ジェジュンの中国語は発音が悪かったらしく、みんな容赦なく、え?・え?・え?と言ってたのが笑えました。

Miroticはもちろん ”Under My Skin”。

Somebody to Loveのユチョンの台詞は "TVXQ"~~~!

ソロのとき、メンバーごとにライトスティックの色を変えるサプライズを準備していたようです。すごいですね、そのネットワーク力。確かユチョンが青、ジェジュンが紫、ジュンスが緑、あとは覚えてない。

コンサートの途中で携帯メールを打ってる子達が結構いました。実況中継なのか、動画とか写真をどこかにアップしているのではないかと思いました。

そして、ニュースにもなっていましたね、中国カシちゃんからのトンへのプレゼント。アンコールの時かな、白生地にハングルで”ミドヨ”と書いた布を一斉に掲げたのです。私も入場のときにその布をもらいました。でも、私たちは、掲げなかったです。理由は・・・あの混雑の中バックから取り出せなかったというのが一番。あとね、そんなイベントやるなんて知らんかったし、何を”ミドヨ”なのかよく分からなかったから。トンたちが見た情景は圧巻だったと思います。客席から見るとこんな感じ。おかげでますますステージが見えなかったぞ(不謹慎発言)。
b0021101_2341184.jpg


メンバーが会場を回って最後の挨拶をしましたが、いつもより頭を下げてい居る時間が長かった気がします。ステージを去るときに、ジェジュンが日本語で”ありがとうございました”って言った気がする。友達は”ありがとう”って言ったのを聞いたと言ってた。2回も言ってないかもしれないから、最初のは韓国語だったかもしれないです。

コンサートが終わって、会場が明るくなり、終了の案内がアナウンスされても、みんなは”ミドヨ”の布を掲げて”ミドヨ!ミドヨ!”コールをずっと続けていました。
b0021101_2344931.jpg


トンたちが出てくることはなかったです。アナウンスの人が、意味は分からないけど中国語で”コンサートは終わったから帰りましょう”みたいなこと言ってたんですが、何度も何度もアナウンスしてもみんなが帰らないので、最後は絶叫して、ぶちキレてたような気がします。ふつうにしゃべってても喧嘩してるようにきこえちゃうからなぁ、中国語は(韓国語もだけど)。

コンサート後の会場の椅子。これじゃよくわからないかな?
b0021101_2351675.jpg


こっちなら分かりますかね、椅子と椅子との間がめちゃめちゃ狭い事が。ここにみんな立ってたんです。
b0021101_2352763.jpg


今回、印象的だったのは、コンサートも勿論なんだけど中国のカシチャンたちかなぁ。正直中国と中国ペンはあんまりいいイメージがなかった。でも、今回出会ったカシちゃん達は、親切で、好奇心旺盛で可愛かったです。ちょっとした日中友好が楽しかった。なんせ私は外国のカシちゃんとは接するのはこれが初めてなのだ。だから余計印象的だったのかもしれません。

みんなに声をかけて前へ行け行けと指示をだしていた仕切り屋さんも一生懸命で可愛かった。日本語がしゃべれなくてごめんなさいって言ってたけど、こっちこそ中国語できなくて申し訳なかった。重慶から来たそうですが、地図で見たら、上海から2150kmも離れてる。日本の縦にはかると2000kmなんだよね。きゃぁぁぁ。そりゃ、近くで見たいよね。手に "Hope the End" の太い赤リボンを巻いてくれました。ホントにトンが好きなんだって感動したよ。

もらった旗とリボン2種。
b0021101_237360.jpg


(上海までくるオバカな?)日本人の写真を撮りたいって言われたり、友達のSecret CodeのTシャツの写真撮らせてくれって言われたり、意外なアプローチも有り。

一人の子は日本が大好きだって言って、興奮で体が震えるほど一生懸命片言の日本語で私達に東方神起への愛を語ってくれました。携帯に入った沢山の写真を見せてくれたり、バッチとかカードをくれて、私がシアペンだと言ったら”Xiahmate”のタオルまでもらってしまった。あのひたむきさは、うらやましい。

名前も聞けなかったけどみんな~多謝!カシちゃんがくれたタオルとか、いろいろ。
b0021101_2310799.jpg


国によってのコンサートのマナーの基準って全然違うんだなと思った。そして、感情表現もそれぞれ。どれがいいとか悪いじゃないんですよね。日本のコンサートはきちんとしているし、歌をちゃんと聴くことが出来るのが魅力です。海外は、自由で開けっぴろげの感情表現が魅力。その違いが面白い。中国のコンサートマナーに批判的な意見をけっこうネットでみたんだけど、自分が実際参加してみて、この日本人目線を外国へそのまま持って行って、かざすのはどうなんだろうかと思いました。もちろん、いろんな意見あると思いますが・・・。ま、この中国風応援の仕方は、楽しんだもの勝ちですかね。せっかく来たんだし。

そんなこんなで、コンサートが終わったのは多分、10時半過ぎぐらいだったと思います。会場の外は人だらけ。明かりが美しいスタジアムを後にします。
b0021101_2312016.jpg


これだけの人がどこからともなく現れ、そして、どこかへそれぞれ帰っていくのが不思議です。急に空腹を感じ、目についた食堂に入ります。ここでラーメンと小籠包を注文しました。コカコーラのペットボトルが5元。えええ、50円しないのかい?高菜のラーメンと、牛肉のラーメン。全部で400円ぐらいだったけど普通に美味しかった。安くておいしいのが最高です。
b0021101_2312337.jpg
b0021101_2313313.jpg


朝、日本を発って、上海でコンサートを見て、こうしてご飯食べてる自分が不思議でしたね。本当に上海ミロコンが開催されるのか、そして凄いと聞いていた上海のコンサートはどうなんだと、いろいろ不安もありました。が、ミロコンでは久々に5人そろっての元気な姿を観ることが出来て良かったです。中国式コンサートもいい体験でした。

東方神起はやっぱり5人がいい!!
ユノ、ジェジュン、ユチョン、ジュンス、チャンミン、みんなありがとう。
絶対離れたらだめだよ~~~!emoticon-0152-heart.gif
[PR]
by the_big_blue | 2009-10-16 22:30 | TVXQ!