久々の洋画鑑賞: 、”ジェイン・オースティン 秘められた恋”

水曜日に久しぶりに映画を見に行ってきました。たまには、K-POP生活から脱出しようとあがいてみた(汗)。実は、先月も映画を一本見たのですが、ブログに書けないぐらいイマイチでしたが、後で少し触れようと思います。

見たのは、”ジェイン・オースティン 秘められた恋”です。主演のジェームス・マカヴォイ君目当てす。動機は非常に不純(笑)。映画館は、座席は7割方埋まってました。

そうそう、最近、映画が始まる前にやっている”紙兎”というキャラのアニメ知ってます?ブラッキーで、淡々としたアニメなんですが、絵が可愛くて、会話が面白くて、会話の間がたまらなく良いです。

b0021101_22491196.gif


ところで、なぜ映画のタイトルってこんなにクサいんでしょうね?”○○○○ ~△△の愛”みたいな女性映画のタイトルって多いですよね。見るとムズムズしちゃいます。

オリジナルのタイトルは" Becoming Jane"。どのようにして女性作家 Jane Austin が出来上がったかというお話です。実話ではありませんが、一般に知られている、地味で内気な Jane Austinのイメージとは違う姿で描かれています。(原作があるようです。図書館で貸し出し予約しました。)

もともとこの映画は2007年公開で、何を今更の日本公開。同年に "Jane Austin Book Club"という映画(未鑑賞)も公開されてて、Jane Austinが再ブームなのねと思ってましたが、そんなこんなで韓国にハマり、エゲレスの事なんかすっかり忘れておりました。

主役のJane役は アン・ハサウェイ。巨大なお目目がインパクト大。最近は、”プラダを着た悪魔”で有名でしょうか?ユノがこれ見て、女優さんが綺麗だと褒めてましたね。まだ見てないんだ。私は、2005年のアカデミー賞受賞作 ”Brokeback Mountain”でのジェイク・ギレンホールの妻役での大胆な演技が印象的でした。だだのカワイコかと思いきや、女優魂あるじゃんととびっくりした。以前、ドハマりしていた”The Phantom of Opera(POTO)"のクリスティーン役は、エイミー・ロッサムが演じましたが彼女も有力候補者だったと記憶しています。

b0021101_23513929.jpg
今年27歳の個性的な美人です。しかし、老けたなぁ。西洋の人のほうが老ける早さが早い?彼女のイギリスアクセントが上手いのか下手なのかさっぱりわかりませんが、イギリスの方々にはかなり不評だったようです。イギリスの時代劇ですから、主役はイギリス人のほうがなんとなく座りがいい気がします。個人的には、キーラ版の"
プライドと偏見(P&P)(2005)年が好きで(コリン・ファース版もgood!)、あの映画のイメージを求めてしまっていたのですが、これは、エリザベスの話じゃなくて、Janeの話だから、これはこれでいいのかな?この映画のストーリーは微妙にP&Pの話と絡まるんですよね。なかなか面白いです。彼女の人生経験からP&Pが生まれたみたいな風に持って行きたかったのかな?アン・ハサウェイは、ハマり役とは言えないけど、頑張ってたと思います。ただ、もうすこし顔のインパクトが薄い人のほうが、内面の魅力が出せたかななんて偉そうに言ってみたり。新しいJane像を創りだしていたと思います。

彼女が好きになる相手役はJames Macavoy。お金のない家の弁護士を目指す青年役。やっぱり、昔も今も、愛よりお金なんですかね?マカヴォイ君は俳優さんの中では、イチオシです!万人受けするハンサムとは違いますが、吸い込まれそうな瞳、寂しそうな目が印象的でヤバイバー!残念ながら既婚。ま、関係ないか。背が高すぎず(はっきり言うと低い)、かっこ良すぎないところがいいんですね。”Wanted”じゃ、完全にアンジーに体格&迫力負けてしてました。そんなところがまた母性本能くすぐられちゃう感じです。

”ナルニア国ものがたり”のタムナスさんが好印象でした。Gerard Butlerと同じグラスゴー出身と聞いて余計好きになり、”Wanted”も”つぐない”も良かったです。”ペネロペ”、"ウインブルドン”、"ラストキングオブスコットランド”も見たいと思ってるんですが・・・。良い作品に出ていると思います。

さ、ここで先月見たイマイチ映画、"男と女の不都合な真実”(原題:Ugly Truth)が出てきます。私の元sweet heart のGerard Buter主演。このブログのメイン写真は未だに彼の怪人姿です(苦笑)。この映画は、ラブコメとしてはそれなりに面白かったけど、くだらんかった。なんで、こんなB級アメリカ映画に出ちゃったんでしょ?Gerryにはもっと作品を選んで欲しいです。若い頃はホント細くて綺麗だったんですよ。もうちょっと体絞って、クラシカルなドラマも似あうと思うのですが。え、無理?

ま、普通の人間の役をやってくれるようになっただけ、成長したというべきか・・・。ほとんど話題にもなってませんが、Gerryのドラキュラは美しいのでお勧めです。救いはですね、以前から彼が出演を希望していたスコットランドの詩人 ロバート・バーンズの映画、"Burns" のプロジェクトがまだ生きているようです。imdbに来年で予定入ってました。

http://www.imdb.com/title/tt1531637/

話は、もとに戻ります。この時代のイギリスは本当に女性が生きにくい時代だったと思います。安泰に生きていくには、金持ちの伴侶をみつけるしか道がない。だからみんな、お金持ちのお嫁に行くことばかり考えている。女性は頭の良さを隠すことが良しとされた時代に、知性にあふれ、作家として素晴らしい作品を生み出し、短い生涯を独身で閉じた彼女。現代の女性とも通じる部分が沢山あるので、共感できると思いますよ。現実の生活を見据えて駆け落ちするのを諦めるところなんて、なんつうか身につまされる・・・。美しいイギリスの風景とマカヴォイ君を1000円で見られただけで満足です。英文学にとても詳しかったり、Austin自身に思い入れがある方はいろいろ突っ込みどころが見つかるのかもしれないです。

でも、新たなJane像という意味で面白いですが、傑作ではない気がします。サントラは全く印象に残らない。そして、主役以外のキャストにあまり魅力が無い。名女優”マギー・スミス”さんが活躍されてるのを見られたのは嬉しかったです。彼女はお歳を召されても優雅な雰囲気は変わらず。”眺めのいい部屋”の情けないおばさまも好きでした。

5点満点で★★★1/2。映画はやっぱり楽しいですね。のんびりイギリスの田舎を旅したい。

<おまけ>
今じゃ太った濃ゆいおっさんになりつつありますが、POTOのころは可愛かったんですよ。これ笑えるから見てね。


”Wanted”でマカヴォイ君来日時です。みなさん、フレンドリー。


明日は、イェソンの南漢山城のアンコール公演。今日もエアチケットを検索してしまった。行けないけどさ・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2009-11-19 12:30 | Entertainment