韓国映画:ダンサーの純情

さて、お休みもあと2日となりました。基本怠け者なんで、全然片付かない。こうして、ブログ書いたり、映画見てるからいけないんです。

悲しい映画は新年から見たくないので、”ダンサーの純情”を見てみました。イェソンがお気に入りのムン・グニョン主演。そして、相手役は、ジュンスのミュージカル”モーツァルト”にトリプルキャストで選ばれているパク・コニョン主演。実は、どちらも出演作を見るのは初めてです。
b0021101_23184767.jpg


ストーリーは、大体想像がつく映画ではあります。あるプロのダンサーがパートナーを失い、代わりに中国のダンサーを連れてきてもらって偽装結婚してパートナーになる。しかし、その子はダンスも出来ない替え玉だった。そんなズブの素人をどんどんダンサーとして育てて、だんだんと愛情が芽生え・・・みたいなお話。

まずは、グニョンちゃん。私でも変だと分かる変なアクセントとか(中国朝鮮族出身の設定なので)、ダサい体操着姿とか、ファンにはたまらないんだろうなぁ。南漢山城のチョン・ミョンスに、雰囲気がちょっと似てる気がします。人間って、自分に似ている人が好きじゃない?顔は少女系だけど、化粧すると色気が出て化ける系。童顔だけど、スタイルがいいし、ダンスシーンも堂々としていますね。若いけどさすがプロだなぁと感心いたしました。

主役のパク・コニョンさんは、男らしいタイプですね。ユノとチュモンの俳優さんを合わせたような顔かなぁ。ハンサムな時と、微妙な時があるけど、ダンスが始まったら、立ち姿が美しくてびっくりしました。しかし、肝心のコニョンさんのダンスシーンはほとんど無かったのが残念(エンディングでちょっと出てきます)。切ない表情が素敵でしたね。

しかし、このストーリーはなんだよぉ。金で後輩の義理なんか気にせず動くバカ先輩。人のパートナーと奪う最低男。ライバルの足をふんづけていくプロダンサー。あり得ない話だけど、主役の二人は爽やかで、感じが良かった。最後はハッピーエンドで可愛かったので、良し!

5点満点で★★1/2。
[PR]
by the_big_blue | 2010-01-02 01:20 | K-POP, drama, movie