洋画: P.S. I Love You

ずっと前に見ようと思ってて、放置していた映画: P.S. I Love You.
b0021101_1673379.jpg


Gerard Butlerが出てるから興味がありました。日本では、林真理子が原作を翻訳しています。が、ハーレクインロマンス系の香りがぷんぷんで、本は途中で挫折。だから映画もなんとなく想像はついてたんですけどね・・・。

手抜きして、またYahoo! 映画から映画紹介を借りてきました。

アイルランドの新人作家セシリア・アハーンが執筆し、40か国以上でベストセラーとなった恋愛小説を、『マディソン郡の橋』の脚本家リチャード・ラグラヴェネーズが映画化。最愛の夫を失う悲劇に見舞われながらも、序所に生きる力を取り戻すヒロインをオスカー女優ヒラリー・スワンクが好演。『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーが亡き夫を演じている。絶望したヒロインが活路を見いだしていく感動の純愛物語を、キャストの名演とともに堪能したい

亡くなった旦那が、定期的に手紙を妻に出すんですわ。そこに、”ディスコへ行け”とか、”おしゃれをして出かけろ”とか、へこんでいるであろう彼女を元気づけるメッセージが入っているわけですよ。自分の祖国アイルランドの旅行までお膳立てしてくれてさ。ま、素敵ですけど、ありえないっしょ、こんな話。やっぱりハーレクインだ。

しかし、最近の彼の映画はロクなのがない。まだ、人間じゃない役をやってた時のほうが良かったわ。女性映画の引き立て役の男役ばっかりなんだもん。イギリスのもうちょっと格調高い映画とか選べないかなぁ。
もともと、ヒラリー・スワンクが苦手なんです。おまけに、この映画の主人公、いつも旦那に不平不満をがなりあてて、鶏ガラみたいで、目を三角にしていつも怒ってて全く魅力を感じない。こんな女を好きだなんて、そもそも映画のせっていからして理解できないわ。

映像がとても綺麗な映画です。NYの街並み、アイルランドの風景や、がとても綺麗でした。行ってみたい。あと、Gerryの故郷であるスコットランドに行ってみたいです。

母親役でキャシー・ベイツ出てるのに、二人の親子関係にあまり愛情を感じられず。なんとなくこれだけの演技派を平凡な役に持ってきちゃってもったいないなと。ハリー・コニック・Jrが老けた・・・・。歌ってくれればよかったのにな。

いいお話ではありますが、いかにもって女性映画。いやいや、私、女性映画嫌いじゃないんですけどね。いいお話です。Gerry (映画の役もGerry)の暖かい笑顔と、懐かしい声と、暖かそうな胸板(笑)はやっぱり素敵だったわ。Yahoo!の批評みてたら、泣きっぱなしとか書いてあったんだけど、どこで泣くんだ?

私はいい点付けたかったけど、付けられなかった。(ドラマも映画も、女優さんの好き嫌いで映画判断する奴なんで)5点満点で★1/2かな。
[PR]
by the_big_blue | 2010-02-13 15:13 | Entertainment