オペラ座の怪人ハマり遍歴(わりい、自分用のメモです)

最近、ミュージカルの”オペラ座の怪人”を聞きなおししてまして、久々に怪人の記事です。

韓国にハマる前は、毛唐路線で、一時は鬼のように”オペラ座の怪人”にハマってました。結構熱くなると、そればっかってタイプなんです。今もそうですね・・・。ただ、冷めたら一気に他へ・・・・。全然成長してねぇ。

久々にサントラ(映画版)を聞いたら、あれだけ聞いたはずなのに、歌詞とかもほとんど忘れてて情けなかった。自分がいつからハマったのかも思い出せなくて、自分のブログを検索してみた。悲しいくらい記憶力ないんです。だからブログ書いてるんだけどね。

好きなのは、Andrew Lloyed Webberのミュージカル。ファンの方には申し訳ないけど、四季はちょっと苦手。日本語の歌詞がむずむずしちゃうのかもしれないです。ALW版の曲が素晴らしいと思います。最初に落ちたのはイギリス旅行でみた舞台。あれってもう、6年近く前だったのか。夢は、もう一度ロンドンで見たい。あと、New Yorkのも見てみたい。当時のブログをリンクしたが、今読むと、笑える。

<怪人遍歴>
◎2004年10月(ここでJohn-Owen-Jonesの怪人に初めて出会いPOTOに落ちる。)
ロンドンの旅 4日目- オペラ座の怪人 (Tuesday, Oct. 19, 2004)



◎2005年1月(とりあえず出ているCDを探す。今井ファントムと市村ファントムを聞く。)
”劇団四季” オペラ座の怪人” 幻の市村正親ファントムCD

◎2005年2月(POTOといえば、このロンドンオリジナルキャスト、最高の怪人とクリスだと思います。)
オペラ座の怪人 オリジナルロンドンキャストを聞いた



◎(そして映画見に行って、Gerryファントムに撃沈。今見ると、ちょっと濃くてアップアップだけど。映画は13回見た。そのくせ買ったDVDは未開封。イギリスに通える身分なら、もちろん本場の舞台を見たいっすよ。)
映画 "オペラ座の怪人”

やベー、懐かしのこの動画。濃いなぁ(苦笑)。この歌は、映画の最後にミニー・ドライバー(カルロッタ役のイギリス人女優)さんが歌ってるんですが、主役のGerryが歌うカットされたこのシーンもあるのです。


◎2005年3月(生の舞台が見たくて四季のを見たけど、高井ファントムになじめず、不完全燃焼。)
劇団四季 オペラ座の怪人を見てきました

◎2006年8月(韓国いったついでに、韓国キャストのCDを買う。)
韓国でのお買い物 :オペラ座の怪人 韓国キャスト CD

なるほどね、私は2004年から2年ほどどっぷりはまってたんですね。そのあと、韓国に完全に乗り換えたからちょっと遠ざかってました。偶然にも、今日、アマゾンからALWの新しいCDが出るとのお知らせが来たんです。ファントムのその後を描いた”Love Never Dies"のサントラがリリースされるようです。リリース日が今月9日。ロンドンでの初演の日にぶつけてるみたいです。

b0021101_23233364.jpg


この今度の”Love Never Dies"のファントムは、前ロンドンで見たときの、ラウル役だった人じゃないかな。パンフで名前見たぞ。当時は、可愛い、甘い顔したハンサムな青年だったぞ。




やっぱりさ、ミュージカルの人に発声は、明らかに普通の歌手とは違うね。でも、熱唱過ぎて、ちょっとtoo muchにも感じてしまう自分もいたりして。

しかし、いかんいかん、どうもやっぱり東アジアのさらっとした系が好きになっちゃったみたい。
[PR]
by the_big_blue | 2010-03-03 23:51 | POTO-JOJ, Gerry