8月1日 Super Junior K.R.Y. Special Concert in Japan (レポ2/2)

今日はヨガ行ってきました。2か月だけの短期ので、ストレッチみたいなものなんだけど、運動不足の私には足を曲げるだけで効くわ・・・・。

さて、KRYコンレポの続きです。ここからコンサートのこと書きますね。1回目と2回目をまとめて書きますね。

ご注意) 悩んだけど、わりと正直に書いてみました。完全にKRY目線なんで、ゲストのファンの方々は、気を悪くされるかもしれないから読まない方がいいかも。読んで怒られてもスルーするからね~~。ご理解くださいませ。

・恋するヒーロー(Partner OST)
・歩みをとめて
・Let's not

いきなりつかみはOK! 歩みを止めてとか初期のKRYの歌大好きなんです。

b0021101_232231100.jpg

ここで挨拶だったかな。ギュが確か一人で韓国語と日本語で”私達は、シュポジュニ オ です”言ったと思う。ギュは語学のセンスがありますね。ここでメンバー3人の自己紹介。

・Heartquake with トンへ
・What if with ソンミン

ラップのところで、お魚さん登場。歓声がいきなり数倍あがりました。
続くLet's notでソンミンがでて、また歓声がぎゃ~~~~~!!!
ゲストさんが出るたび、ボルテージが数倍あがりました。これは、コンサートの間ずっとそうで、KRYペン的には3人が傷つかないかと心配でした。ある程度想像はしてたとは思いますが、ここまで差があるとは正直思わなかった。人気者の2人のペンさんたちの気持も分かるのですが、同じSuper Juniorのメンバーなんだからさ、KRYだけのときも声もっと出してよ~~~と思っちゃったわ。

このあとどういう風に進行するのかと思ったら、字幕付きの映像で場を上手く繋ぎました。一人インタビュー&ソロ2曲(韓国語&日本語)X 3人。順番は KRYで。意外にソロタイムが早く来たので、心の準備が出来てなかった。忙しいのに、日本語の曲を1曲ずつ用意してくれたんですね。嬉しかったな。


KY Interview:休みの日に何してるっていわれて、ボーっとしてるって。ゲームって言わなかったよ。
ダンス歌手(そんな歌手あるのか?)としてデビューしたのでバラード歌手としてもがんばりたい言ってた。

Solo:パスタのOSTと1回目が鬼塚ちひろの知らない歌(Infectionだそうです)パスタOSTは、2回目、ワンフレーズだけ日本語にしてた気がする。2回目の日本語歌は”瞳を閉じて”に変更。声が合っていて本当に素晴らしかった。歌詞がわかるって好いね。

RW Interview::芸能人になってどこが変わったかと聞かれ、変わらないように、謙虚なリョウクでいようとしている。学校も通勤も電車使ってるって。このけなげさに・・・・。なんとすばらしい子でしょうか。作詞作曲も頑張っているそうです。アーチストとしてのリョウク、頑張って欲しいです。

Solo:ポムナルと三日月。この三日月はリョウクにピッタリで、感無量。イェソンで泣かず、三日月で泣けた。
J-POPで一番好きな歌だと日本語で言ってくれました。

YS Interview:デザイナーにホントはなりたかったんだって。家の事情で諦めたそう。したいことは、家族旅行。両親をまだ働かせてるのが胸が痛いし、まだちゃんと親孝行してないって。

Solo:シンデレラオンニとEXILEの歌らしい。あたしあんまりエグさんたちの歌好きじゃないけど、イェソンはcyでもかけてたよね。本物のイェソンが歌っているのが信じられなかった。普段、映像でみまくてるじゃないですか。だから、実物見ても実感が沸かないという弊害が。

その後、ゲスト二人の日本語の歌(不明)。ミスチルらしい・・・。

そのあとは、KRY+2人のパフォ。

・HIT
・Mirror
・In my dreams

その後、ゲスト2人がここでさよならしますと言ったときの”え~~~!”コールが凄かった。そのときの3人が悲しそうというか、固まって見えました。二人が覚えてきたファンが喜びそうな日本語のご挨拶で、皆さん絶叫。1回目はそんなこと言わなかったけど、2回目に、リョウクがね、”ゲスト二人が来てくれてたからこそ、今回のパフォが成功した”みたいなことを言ったのよね。二人に感謝の気持を伝えたいと思ったのだろうけど、この歓声の大きさの違いで自分達だけじゃ力不足って思わせてしまったのではないかと思ってしまった。トンへとソンミンがどうのこうのって言ってるわけじゃないです。誤解しないでくださいね。二人は会場を盛り上げてくれたし、実際人気あるし。ただ、私はどうしてもKRY目線で見てしまうから、KRYだけでも充分素晴らしいんだよ、誇りだよと伝えたい気持ちでした。KRYだけでコンサートしてくれればよかったのにって思った。あ、我慢してたけど、書いちゃった!(笑)

次は、普段はあまり歌わない歌ということで次の2曲。

・Coagulation
・Just you

で、いきなり舞台から消える。1回目は手を振って捌けたけど、一回目は単に舞台裏に消えたような感じ。
一体これは何?映像は出ないし、これから私達どうしたらいいの的ムードが広がりました。とりあえず、拍手。拍手だけが1回目は結構長く続いたと思います。大分してから”アンコール”の声に。(2回目は、アンコールコールは早めに出た気がします)
b0021101_23225665.jpg


・The Night Chicago Died

ここでやっとSuper Showっぽい3人を見ることが出来ました。3人で絡んだり、このKRYコンサートでイェウクが絡むのをここで初めて見られたぞ。1回目の方が絡んでた気がする。二人が手をつないでたのはどっちだったかな?リョウクとキュヒョンのお母様も来ていたようですね。みんな孝行息子だ。

アンコールなのに、いきなり椅子と懐かしのミンシルさん登場でトークタイム。若干、ファンミ状態に。やっぱりですね、言葉の壁があって、(ソンミン、もっと日本語がんばって~~)イェソンが、仕切ろうとがんばってるんだけど、間を読まずに韓国語で早口で話すから通訳の人も追いつかなかったりで、コンサート中はファンとKRYの触れ合いが少なかったんだよね。

韓国語が出来ないペンが多いので(私もそう)、通訳さんがいないと何を話されてもみんなぽかんとしてるのよね。そこんとこ、神話ペンさんとかとは明らかに違うわ。お互いにもどかしかったかもしれません。2回目にイェソンの”オゲンキデスカー”を言ってくれたよ。(1回目も言ってたけど)、やっぱりこれがでると嬉しいっす。覚えてることかくね。もしかしたら、違うところでしゃべったのも入ってるかも。

RW
・(1)食べたいものはすし。
・(2)リョウクが前日にイチゴとバナナのクレープ(520円)食べたって。すしも食べたいって。
・(1か2)日本語であいさつした。
・(1と2)今回は東京だけだったけど地方や、海外でもKRYコンをやれたらいいなって。(是非やって!)

・(1か2)ギュは、結構長い文章を日本語で(カンぺ見ながら)立派にいいました。
・(2)Super Junior の歌と違いバラードばっかりで皆さんを退屈させてしまったのではないかと言ってた。このコメントにもショックを受けたわ。全然そんなことない、バラードを聞けたのが最高に嬉しかったのに。

・(1)イェソンは日本にhouseを買いたいって。日本の暮らしをみたいから、日本の家にも行ってみたいって。
・(1)日本は素朴な雰囲気で落ち着くとも言ってた。
・(2)みんなと一人ずつデートしたいって。きゃぁぁぁぁ。全員としたら10年かかるとギュにつっこまれてました。その為に日本名考えてきたと漫画の主人公の名前(セト・イチタカ??)を言ったのですが、みんな知らなくてかな~り寒い空気が・・・。
・(2)イェソンは、リョウクとギュが日本語でコメントしたあと、用意してきたのにメモを持って来るのを忘れたと言い訳してた。
・(1)順番に挨拶するところで、最後にミンシルさんに忘れられて次のコーナーに。あれは、偶然?それともシナリオどおり?戸惑うイェソンが可愛かった。
・(1,2)ハイ、ハイとかスバラシイとか日本語で答えてました。
・(2)この日が記憶に残る一日になればうれしいとリーダーっぽい感想。
・(2)1回目でもちょっと歌って反響良かったので味をしめたとおもうのだが、Boanamanaの1フレーズを鼻歌っぽく歌ってました。観客大喜び。

1回目のトークはまじめな感じ。2回目のトークは一人がしゃべてるあいだ、KRでタオルのふきあいしたり、
イェソンがあちこちの座席に手を振ったり、普段youtubeでみているようなことしてて、ああ~、ホントにこういうことするんだとか思った。あのカメラ目線の目ぢからの入れ具合とか、リアルだわと感動してた。普段バーチャルで見すぎてるから、現実が受け止められない。

最後は

・ハンサラム(The one I loveともいうのかな?)

最後はバンドの人も出てきて、ソンミンとトンへも出てきて全員で挨拶。イェソンはお約束どおり最後に舞台をはけていきました。サプライズでイェソンのBDお祝いとかするかと思ったんだけど、しなかったんだよね。もうちょっと力入れてよ、Avexさん。もう、あとはロスタイム消化でしょうか?

長い長いレポになっちゃいました。読んでくださってありがとうございます。書き始めたらいろいろ思い出した。コンサートが決定したときから、嬉しくて楽しみでたまらなかったKRYコン。私には本当に楽しい時間でした。イェソンの言うとおり、忘れられない素敵な一日となりました。とかいって、どんどん記憶が無くなっていくんだけど、楽しかったことはわすれないぜ。

Super Junoir-KRY、そして トンへ、ソンミン、ありがとう。

そして、I beg you.... Please come to Japan soon again!!!
[PR]
by the_big_blue | 2010-08-06 01:00 | Super Junior