釜山経由 SMTOWNへ弾丸旅行 その2 (SMTOWN LIVE'10 WORLD TOUR In Seoul コンサートレポ)

旅日記の続きです。

弾丸釜山便で早朝釜山に着き、KTXに乗って、ソウル駅に到着したのがだいたい12時半過ぎ。これから、地下鉄で移動します。SMTOWN(2010年8月21日開催の会場の地下鉄最寄り駅は総合運動場駅。無事にソウルまでは来たけれど、チケットが無ければ意味がない。結局、チケットの受け渡しでちょっと手間取り、会場へ向かった頃はもう3時になっていました。とにかく、人が一杯で歩くのもままならない。おまけに灼熱の太陽がぎらぎら。

そうそう、キオスクでジジイにボラれた。こういのが超むかつく!水が1000ウォンだというから払ったけど、そのあと韓国人が買ってるのを見たら500ウォンだった。私達が買った時は売店のおばさんじゃなくて、店の前にジジイが立ってて、そいつが仲介みたいなかんじで金を受け取ってたんですわ。結託してたのかなぁ?

しつこいけどさ、先週のSS3の帰りにタクシーに乗ったときも、運ちゃんがメーター動かさないで走って、13000ウオン出せとか言いやがってさ。コンサート帰りの日本人ってカモなんだろうね。結局8500ウォン位払ったんだけどさ、ふん、たかだか500円ぐらいくれてやるよ!いい人も沢山いるけどさ、やっぱり日本人と見ると金取ってやろうと思う悪い人も居るんだよね。

SM公式グッズが買えなかったのが唯一残念でした。正面入り口で売ってたらしい。そっちへは行かなかったからわからんかった。会場の脇でも売ってたんだけどSNSDとSHINeeしか売ってなかったんだよね。その辺にいたスタッフの子に聞いたら、SJもあるって言うんだけど、SNSDとSHINeeの売り場には無かったのよね。ホントアバウトなんだから!

入場前に長い列にならべばキョチョンチキンくれたりとか、G-Marketの粗品くれたりとかもあったけど、暑い中、友達をひきまわすのも申し訳なくて、素直に入りました。入り口で素敵な(笑)袋をくれます。SJ かSNSDを選べます。
b0021101_17142447.jpg


とりあえず、会場に出店していたSPAOでSMTOWNのピンクT-シャツ(10000ウォン)と、SS3で買えなかったELFのタオル(非会員は11000ウォン)はゲットできたので良しとします。

b0021101_17131321.jpg
b0021101_1713265.jpg
一緒に、ミニポスター2枚とSJの飴ももらった。

b0021101_17135122.jpg


グリーンフィールドに入るときにリストバンド、スクラッチゲームとSMTOWNのバンダナもらいました。
b0021101_17141449.jpg


スクラッチは、1等はSMTOWN in Tokyoに招待です。ということは、やっぱり、東京で開催してくれるのかな?私も友人もSPAO 10%オフ券ゲット。
b0021101_17152361.jpg


日が照ってる間は恐ろしく暑かった。結局、着席したのは開演時間の10分前ぐらい。ファンミは今年はなかった。4時過ぎに始まり、11時半頃終わりました。約7時間半。Chosun Onlineによれば、SMエンタ所属の歌手・俳優約50人、80曲、ファン3万5000人を動員したそう。で総勢50人が出演だったらしい。だけどね、途中、マイク、音響、映像のトラブルで3,4回中断したんだよ。だから実際は6時間半ぐらいだったと思う。

うわさのセットリストはガセでした。ミドヨ歌わなくて、正直安心しました。あの、上海で見た、白地に黒い毛筆書きみたいな”ミドヨ"の布持ってる人も何人か見た。始まる前は、カシちゃんたちは、”風船”を合唱してましたよ。韓国のファンのこたちの団結力って、半端じゃないですよね。ちゃんとシステム化されてるし。思いつきで公式サイトで禁止されてる垂れ幕作りましょうとか、合唱したいんですけどって書いちゃう世界とは大違いだと思います。個人的に、KRYコンでMerry Uとか私はありえないと思ってたし・・・・。

その代わり、へたれな日本人のぺンにはいい意味で緩さがあるのだ。青と青と緑とピンクのライト持つ(笑)とかって、韓国のファンの中では許されないのでしょうね?そんな私も、青と赤の2本持参したヘタレなファンです。会場に着席して、後ろを振り返って、ステージ正面にかなりの面積を占める赤い風船軍団を見たとき、思わず胸がいっぱいになって涙がぽろりとでてしまったよ。こんなに待ってるファンがいるんだって。

b0021101_1717189.jpg

座ったのはグリーンフィールドのDの前方。スタンディングは禁止です。立つとスタッフが座れと怒りに来ます。
アンコールぐらいになって、外も暗くなり盛り上がりまくってしまえば、いいんだけどね。詳しくは書けないけど、最前列のおね~さま?方、かなりキレてましたけどね。
b0021101_17154518.jpg


トイレ行きたくなると困るから、水もがぶがぶ飲めなかった。やはり中国人ペンは、すごかったね。私らのエリアは日本人ばかりなのに、いきなりやってきて、空席に座り、アーチストが変わる度に出入りして、まったく遠慮が無い。中国人と一まとめに言ってしまうのは申し訳ないとは思うけど、あのずうずうしさはひどいね。大陸のコンサートは、一度は視野を広める為に体験して欲しいけど、一度でいいな。

撮影も禁止だけど、日本と違ってカメラ取り上げとかはしない。ある程度、お目こぼししている感じでした。そして、一眼レフカメラもって、あちこちと移動する人達も見ました。彼女たちが、あの素敵な瞬間を切り取ってるわけね・・・・。公式のカメラマンがの脇で、一眼レフで撮ってる彼女を、公式カメラマンが不思議そうな眼で見つめてましたよ。

さて、開幕です~~~~。
覚えてることだけ書くね。もう、皆さんファンカメで見てるだろうから、別に新鮮なことは書いてないけど、雰囲気は感じ取ってもらえればと思います。

最初はゲスト出演が続きました。知らない女の子とか(日本で活動してたのかな?)、歌は上手いけど、見たことの無い大人の男性グループとか。SJたちとかも、おじさんになったらこういう扱いになっちゃうのかなとちょっと寂しくなってみたりして・・・・。

ハイエナ(ドラマ)の主役の人がなぜか出てきました。ハイエナの俳優さんは、MVで見てたときは全然かっこよい人にみえなかったのですが、実物は歌も上手いし、かっこよかったです。

KANTAさんは、歌上手いです。Araちゃんとデュエット。途中、ラーメン屋さん役でOnewくんが出てきて可愛かったです。彼は経営陣だし、兵役から戻ってもSMに戻り、成功したアイドルなのでしょうか。

チャンリーインさんは、歌は上手いけど、顔が完全に別人だった。お直しした人によくある、美人だけど個性が無い顔。いつもお嬢さんっぽい衣装だよね。Timelessも歌えないし、あまり人気が無い感じでちょっとかわいそうだった。

あと、イ・ユニちゃんが出てきて英語の歌を歌ったのですが、ものすごく上手くてびっくりしました。こんな美人で、女優さんで歌も上手かったら、歌手の子は大変だろうなと思いました。

そして、最近みなくてどうしたのかと思っていた天上智喜が出てきてびっくりです。私メンバー見分けつかないんだけど2人出てたと思う。(キボムSMTOWN来てたみたいね。写真見たんだけど、頭ちりちり頭で、太ってしまって、美少年の面影が無かったよ・・・・。)

Super Show 3につづき Traxもでてきました。Super Showの時はちゃんとした紹介もないままに出てきた気がします。現在はメンバー二人だそうですね。イェソンの花美男連続テロでバックで演奏してたのはTraxでしたっけ?ヒチョルがMVなどで応援してますよね。コンサートでもヒチョルと2曲ぐらいコラボしてました。一生懸命頑張ってるので、がんばってほしいと思いました。一番もまともに撮れてたのがTraxだった・・・。
b0021101_1719965.jpg


BOAちゃんは、デビュー10周年のお祝いしてましたね。大人路線に変えたんだけど、小柄だからあまりしっくりこない気がする。歌もダンスもカッコいいし、画面で見る分には小ささを感じさせないのだけど、やっぱり以前の女王的カリスマオーラが消えた気がしました。そうそう、お祝いのケーキを虎視眈々と狙っててぶつけたのは、ミノ君。お姉さんキラー、さすがです。BOAちゃん、ケーキが目にはいったか、アイメイクを気にしてか、まじに怒ってたみたい。ミノくんにケリ入れてました。でも、最後はミノ君に抱えられてましたね。怒れないよね、ミノ君なら。後輩が一生懸命BOAちゃんを盛り立てようと頑張っている気がしました。

コラボで覚えてるのは:

・キュヒョンとSNSDのソヒョン?手なんかつないじゃってね~~お似合いだったわ。(これがイェソンとかだったら心中穏やかではいられまい)

b0021101_17195068.jpg


・イェソンとブリンは知らない曲でイマイチ良さが分からず。もっとこの二人なら良さが出たような。

・リョウクとOnewが大好きなあの歌歌ったときは凄くうれしかったんだけど、リョウクの声が 全然聞こえなかった。Onewの声が伸びるだけにそのギャップが激しくてちょっと残念。

・そうそう、チョウミが出てきたときはびっくりした。チョウミは雰囲気が上品でとても素敵です。Lunaちゃんと中国の歌歌ってたんだよね。Mはどうなるの?Henryは辞めちゃうの?

・ヒチョルとソルリちゃんが演歌っぽいデュエットしてましたね。美しい二人だけど微妙だった。

・誰と歌ったか忘れたけど、テミンがピアノの伴奏で出てきて、感動した。この子、踊れて ピアノも弾けるんだ。将来がかなり楽しみです。

F(x)はアンバーが不在。この前の東京のイベントにも来てなかったけど、足がまだまだ悪い?それとも、なにかあったの?

SNSDは、曲がキャッチーだし、みんな垢抜けて可愛くなった。それぞれ個性があって楽しい。人気があるのも良く分かるわ。ジェシカとかやっぱり目立つ。最初は苦手だったけど、だんだん好きになってきたかも。

SHINeeは、初めてみたのが8月2日の青春不敗イベント。その時は近くで見た割りに割と冷静にみてしまったのだけど、今回は、良かった~~~、とても見ごたえが有りました。彼らの音楽は、音楽だけ聴いてても、カッコいいと思う。それでもって、アイドル性があるから凄いと思う。似たり寄ったりのほかの男性アイドルグループとは一線を引いているところはさすがだと思います。Onewとジョンヒョンは凄い歌い手だし、テミン君はダンス上手くて、妙な色気があってこれからが楽しみ。髪が伸びたミノ君はまたハンサムになってたが、すごく細かった。Key君は今の髪型どうしても馴染めないけど、結構、男っぽい声が好きだったりする。一番お気に入りのOnewは一回も来なかったです。残念でした。

b0021101_17205330.jpg

そして、Super Junior。ダントツ人気でした。出だしは、SS3でみた映像をまた使ってました。ステージの花道の割と近くにいたのですが、前回に引き続き、目の前で見れたのはリョウク、ソンミン、トンへ、シウォン。SS3と同じですよぉ~!!座席のサイドが変わったので今回こそと期待したのに、前半はイェソンだけ一回も来なかったのだ。 やっぱり、イェソンってメイン、センター、バックステージの中央部分か正面の花道ぐらいしか動いてないと思う。

b0021101_17201270.jpg


イェソンのソロパートは、別の人が映ることが多かったよ。結局、7時間半の間で、私のいる花道まで来てくれたのは、小走りで2回の合わせて10秒ぐらいかなぁ(チェッ!)

キュヒョン、ヒチョル、シンドン、イトゥク、ウニョは、回数は少なかったけど止まって歌ってくれるときもあったんだけどさ、やっぱりイェソンさんよ~、もうすこしまんべんなく動いてくれんものか?なまじっか同じ空間にいても遠いのは蛇の生殺しよ。だけど、そんな目に会っても、やっぱり追いかけずにいられないかわいそうな私。
雲をみるならとにかく真ん中の近くに限ると学んだわ。

一番大好きなのに、一番遠いファン席にいるペンたちは偉いと思う。姿なんて殆どみえないのに、ライトや風船でファンがこんなにいるよ~~~って存在を見せる為に遠くから見守ってるわけでしょ。イェソンが遠いとか文句行ってる自分、若干恥ずかしいわ。会えただけでも幸せだと思わなくちゃね。

b0021101_17182038.jpg

1部と2部の間に10分間の休憩がありました。
待ってると、寝そうになるのよね・・・。

ダンスバトルとかで、途中にユノとかチャミをだしてくるとおもったら、全然出てこないの。余りにひっぱるから、トイレに行くタイミングも失ったのよね。今回は、余り凝った感じがなくて(ゲストとかいらなくない)、かわりばんこに歌う感じだったんだよね。最後の方とかにf(x)とかでてくると、あなた達はもういいから、早くホミンだしてよって気になりました。

やはり、SMTOWNとかだと、どうしてもひとつひとつのアーチストとしては薄くなる。シンデレラオンニとか、ポムナルとか聞けないから、アーチストごとの満足度は物足りないけど、グループを超えた絡みは魅力だし。お祭りみたいなもんかな。

カシちゃんたちは、会場が暗くなっても、ライトつけないでずっと待ってたんだよ。途中、なんどか ”トンバンシンギ"コールしてたんだけど、そのたびに違うアーチストが出てきたりして、がっくりみたいな事が何度もありました。今回のセットリストってファンの空気を全然読んでなかったと思う。夜になってステージを振り返るとカシちゃんのところだけ、黒い闇になっててかなり怖かった。なんというか覚悟みたいなものを感じました。

ホミンが出てきたのはホントに最後の最後でした。10時は過ぎてた。二人が、スタンドのかなり高い位置からコードをつたって降りてくるというかなり劇的に現れました。私の真上をチャンミンが通っていった。二人とも凄くかっこよくて、会場は大騒ぎ。

多分、それまで一番の歓声を受けていたのがSJだと思うけど、二人が来た瞬間、SJの歓声なんか比較にならないぐらいの大歓声。今まで、ぞれぞれのファンが応戦していたのが一気にまとまったようなそんな感じでした。フィールド席のさっきまで青いライトを振ってた人たちはいつの間にか赤いライトを振ってました。(SJペンの多くがトンペンでもある)

チャンミンが半端じゃなくかっこよくて、殺気というか、凄味がめらめら出てた気がしました。長い間コンサートで歌ってなかったにもかかわららず、声量に衰えは無く、ちゃんと練習してたんだろうなと思った。ブランクを感じるところか、さらに身体も逞しくなっていました。後半のチャンミンのシャウトは、鳥肌モノでした。

二人でトンバンシンギですと挨拶したとき、なんとなく寂しくて、でも、二人で頑張る姿を見て(相手は嫌がるだろうけど)抱きしめたい気になりました。そして、"ジュンスのばか~~~、なんでここにいないんだ~~よと”
悲しさより怒りを感じました。ここに5人が揃っていたら、最高のステージになったのにと思わずにはいられなかったです。だけど、出て行ったのは彼らの決断だし、今回の2人のパフォをみて、あああ、3人とは違う道を本当に進み始めたのかなと感じました。多くを語らない二人だけに、余計その思いが彼らのパフォーマン
スに込められている気がしたんです。

2人がTWURに始まりO正反合、Miroticなどのメドレーをやったとき、本当に素晴らしい楽曲が、5人でパオーマンスできないことが惜しいと思った。やっぱり5人でいつか戻ってくれたらと思わずにはいられない。(2012年追記:当時はそんなこと思ってたんですよね・・・・。今は、ユノとチャンミンが東方神起だと思ってます。今さら戻ってなんか欲しくないです。3人への思いについては、書くとキレるので書きません。)

アンコールの頃は我慢できなくなり、どさくさに紛れて、センターステージまで走っていきました。ユノとチャンミンを目の前で見たときは、かっこよくて、懐かしくて、そしてこうして才能が有りながらJYJのように歌うチャンスがなかなか無くて、こうしてSMTOWNで歌って、仲間と戯れる姿を見たとき、ほっとしたました。チャンミンの笑顔が本当に嬉しそうで、素敵でした。

ですから、今回SMTOWNのワールドツアーでトンの2人が活躍できる場所が増えてとても嬉しく思っています。願わくば、多くの人が開催を待つ東京でもやって欲しいですね。二人みてるとき、私イェソンが吹っ飛んでおりました。赤い棒振りまわして、完全にトンペンモードだったし。だけど、SJが出てくると、青いライトに変えてみたりしてました。とにかく、ユノとチャンミンの笑顔を見られただけで、コンサート来たかいがあったと思いました。

b0021101_17295896.jpg

Credit: as tagged

SMTOWNでイェソンの誕生日やるのかなと思ったら、何もしなくとっても残念でした。垂れ幕とか風船はあったんだけどね。本人もちょっとは期待してたんじゃないかな?イェソンのお誕生日お祝いの風船が、空へ飛んで行くのを、つかもうとしたけどもうつかめない高さに上がってて、名残惜しそうに見上げていたイェソンの後ろ姿が印象に残っています。
b0021101_17174775.jpg


最後、舞台を去る時は、イェソンが右にユノ、左にトンへという、絶対カメラに映るだろうというポジションを(策略的に)確保できたようで、思ってほほえましく見ておりました。SMTOWN、初めて参加したけど、釜山からがんばって来て良かったです。今年の夏のいい思い出になりました。

b0021101_17283189.jpg

Credit: as tagged

さて、昨日はSS3青島、そして、今日は仁川韓流フェスティバル。心はインチョンですが、身体は日本にいます。さすがに3週連続ではいけませぬ・・・・。

ながったらしいレポ、お読み下さってありがとうございました。一応、あともう一回、この旅行レポありますので、よかったらおつきあいください。
[PR]
by the_big_blue | 2010-08-29 18:56 | Super Junior