映画: Monty Python and the Holy Grail

SMTOWNはじまりましたね~~~。Twitter見てると実況してくれるので雰囲気わかりますが、そんなことして7時間も過ごすわけにもいかないですよね。記者会見の写真みたら、チャンミンの髪型が、イェソンのフワフワ頭っぽい感じになってました。あとから上がってくる写真が楽しみですね。

んで、JYJはついに韓国でカムバックだそうで。ワーナーだってよ。ちょっと心境複雑だな。3人は日本だけの活動ならいいかなと思ってたけど、韓国でカムバするとなると、ほんとに2:3の構図が出来上がってしまうよね・・・・。カシちゃんたち、どうなるんだろう?

BTW,

先日、このDVDをゲットいたしました。モーツァルトB席 4000円の席でさえ迷うのに、イェソンが絡むと逆上して金銭感覚を失うようです。今後は考えて出費しないとね・・・・。

b0021101_20291923.jpg


Monty Pythonは名前ぐらいしか知りません。そういえば、ジョニー・デップがメンバーのテリー・ギリアムの自伝的映画に出演してたなとか、今思いだしましたが、彼らの作品は一度もみたことがありません。

なんで私がこの映画をわざわざ買って見たのか、イェソンペンさんならお分かりでしょうね?今度、イェソンが出演するミュージカル”Spamalot”は、この映画を元に作られたものだからです。2005年にMonty Pythonのメンバーエリック・アイドルが本作を元にミュージカル・コメディを作りました。トニー賞も受賞しております。

このDVDやミュージカルのサントラCD買う前にいろいろ調べたんですが、このミュージカル、西洋世界の古代史(アーサー王)がテーマで、人種的ネタやミュージカルのパロディもあるようです。東洋圏でこの世界が理解しきえるのかなぁ?だって、私達にアーサー王って言われても、ピンとこないでしょ?ある程度楽しむには。予備知識があったほうが(特に、韓国語が分からない状態で見るので)よさそうだと思い、出資を決定いたしました。もしかしたら、分かりやすいように韓国風に少しアレンジするのかもしれません。予告編で brown Eyed Girlsの振り付けらしきものを見た気がするんですけどね・・・どうですか、皆さん?

さて、この映画ですが、Wikipediaによれば:

1975年に公開されたモンティ・パイソンによる低予算で作られたコメディ映画。イギリスのアーサー王伝説をもとにしたパロディ作品である。

制作費がとても少なく(229,575ポンド)、城のセットに本物の城跡(Doune CastleやCastle Stalkerなど)を使用したり、実写の代わりにアニメを用いたり、役者やセットを何度も使い回しているが、完成度は高い。モンティ・パイソンのメンバーの1人であるテリー・ジョーンズが中世の歴史学研究家であるため、アーサー王伝説を扱った映画の中で最も時代考証が正しい映画だと言われている。なお、ジョーンズによれば「アーサー王は10世紀頃の人物と言うことになっているけれど、『アーサー王物語』が成立したのは14世紀頃のため、その時代の服装を採用した」と語っている。本人たちの予想以上のヒットとなってメンバーは胸をなで下ろした、この作品の直後に公開されたまじめなアーサー王映画で大爆笑が起きた、という逸話もある。



この映画、かなりぶっとんでます。不可解ともいえます。普通に見たら、なんじゃこれって感じですね。一言では説明できないです。おバカなのか、真面目におバカやってるのか、分からないです。私は、今は理解したいという気持ちで見てるというせいもあるのか、嫌いじゃないですけど、真のおもしろさは理解しきれてないと思います。とりあえず、あの世界は言葉では説明できないかなぁ・・・。

特典映像に ミュージカルSpamalotの音楽がダイジェストで入っていますよ(動画はなし)。映画を見た後に、歌を聞くとなんとなく意味が見えてきました。特典映像は沢山入ってて、ちょっと全部は見きれていません。個人的に気にいったのは、ロケ地を巡るエピソードです。出演者の二人が20年後?ぐらいロケ地を再訪するのです。なんと、私の憧れのスコットランドで撮影だったのですね。ずっと、素敵な風景やお城だなと思ってたんです。いつか、そのお城に行ってみたいです~~~。この本、欲しい。お城のお土産屋さんで売ってるようです。

b0021101_20302942.jpg


これとほぼ同時期に購入した、ミュージカルのブロードウェイキャストも聞いてますが、う~~ん、手放しでおもしろいわぁぁというのともちょっと違うなぁ。かなり、難易度が高い気がしました。いろいろ書いたけど、もう何も考えないでとりあえず行って見ちゃった方がいいのかも。

Wikipediaによれば、タイトルは、『ホーリー・グレイル』という曲の中の歌詞に ”we eat ham, and jam and Spam a lot”があり、そこから取られたようです。アーサー王の築いたお城が Camelot。それとちょっと似せてる音ってのもこのタイトルになった理由の一つとも言われてるようです。

キングアーサーについて、何年か前知りたくて映画見たり、本読んだりしたけど全部忘れたな。記憶が直ぐなくなるからこうしてブログに書いてるんだけどね。ほんとここは私の脳みその外付けハードディスクなんですよ。

さて、いい加減PCの傍から離れなくては!!
[PR]
by the_big_blue | 2010-09-05 12:22 | Entertainment