奈良旅行 - Day 2の2 そして・・・纏巻向遺跡現地説明会

Day 2の1 からの続きです。

薬師寺、唐招提寺を訪ねて、なぜかせかす父。怪しいと思ったら、訳がありました。

金曜日から関西にいた父親が、TVで奈良の纏向遺跡で、沢山の桃の種が発見されたニュースを見たらしいのです。で、この日に現地説明会があると知って行きたくてうずうずしてたみたいなのですよ。だけど、現地説明会に私達が来ても面白くないだろうと遠慮していたようです。3時までやってるらしいということなので、とりあえず、現地に行ってみよう~~って事になりました。

◎ 関連記事はこちら。
・アサヒ・コム 纒向遺跡から祭祀用?桃の種2千超 邪馬台国有力候補地

・日経 奈良・纒向遺跡で大量の桃の種 邪馬台国の有力地


唐招提寺からバスでJR奈良駅まで出て、桜井線で(万葉まほろば線という名前がついていた)で巻向(まきむく)駅まで向かいます。実は、この遺跡を見に父親と3年前に来てるんですね~。

その時の旅行記はこちら。2007年7月といえば、私のSE7EN熱が最高潮に盛り上がっていたころですね。
→ 奈良旅行: 古代ロマンの旅?(一日目:山辺の道)

巻向駅に向かう電車の中から。
b0021101_22313098.jpg


現地説明会はどこでやってるか知らなかったのだけど、駅について人にくっついていったら直ぐ分かりました。なんと、線路のすぐわきでした。現地説明会って新聞でたまに目にする言葉でしたが、参加したのは初めてです。炎天下の中、沢山の人が来ていてびっくりしました。男性がほとんどで、年齢層は高めですが、子どもや、女性も結構いましたよ。

b0021101_22341652.jpg


担当の方は、1時間ごとに炎天下の中説明をされていたようで、本当にご苦労様でした。去年、東京で巻向遺跡のフォーラムが有りそのときもいらっしゃってた教育委員会の方だったのですが、とても話し上手で、私はさり気にこの方のファンです(笑)。

b0021101_22345564.jpg


この地域一体の線路や、田んぼや民家の下には遺跡があるんですよね。
住んでる方は正直心境複雑といったところでしょうか?

b0021101_22344098.jpg


この纒向遺跡は、邪馬台国の有力候補地と言われて、最近注目されておりますが、現地の担当者の方曰く、それをはっきりと証明するものは残念ながらまだ出てきていないということです。

桃の種の発見ばかりが記事になっていましたが、発見された他の出土品の中にも重要なものがあったと担当の方がおっしゃってました。銅鐸のかけらが凄く重要だそうです。今回祭祀に使われていたと思われるものが多く見つかっており、それらが意図的に破壊されて埋められていたようです。銅鐸は、もしかしたら、とかして矢じりに作りかえられていた可能性もあるとか。

白いしるしのところが、問題の桃の種や、土器等が発見された穴。
b0021101_2240527.jpg


発見された遺物、桃の種等が運動会の時のテントの下で展示されておりましたが、人が多いので流れに合わせてざっと見ただだけです。桃は今私達が食べるような大きな桃ではなく、どちらかというとすもものような小さい種類らしいです。

b0021101_22385344.jpg


桜井線は電車が一時間に2本位しかないのです。普段は無人駅だったとおもうのですが、この日はお手伝いの人もきていて、賑わっていました。3世紀の事なんてホントのところは分かりはしないのに、それでも人間ってのはロマンを求めてしまうのですね。

今回は、偶然にも巻向遺跡の現地説明会の日に旅行が重なり、ラッキーでした。そしてなによりも、参加できて喜んでいる父親の姿を見て、嬉しかったです。

この日は、一日結構歩きました。私でも結構きつかったぐらいですから、両親はかなりキツかったと思います。全然平気と言ってましたけど、それじゃあたしの立場が無い・・・。

明日は、最終日です。
[PR]
by the_big_blue | 2010-09-23 23:03 | travel, diving, ovtd