K-POP Super Live レポ前半(SHINeeメインと大国男児、X-5)

5月15日(日)に幕張メッセで行われた 第4回K-POP Super Liveへ行ってきました。本当は4月開催でしたが震災の影響でこの日に延期になりました。私が参加したのは、夜7時からのコンサートです。

b0021101_935426.jpg

これはちなみに昼の写真。イェソンちゃっかりヘソンさんの隣。2回公演で14000人あまりを動員!
楽しかったです~~。昨日は廃人、今日はレポかいてたら盛り上がってきた。

長くなったから二つに分けますね。前半の3組のレポです。この日は、BBは3連ちゃんで隣の展示場で3ホールをぶち抜いてコンサート。土曜のBBコンに金曜に参加した友人は、会場が広すぎて本人たちが見えなかったと言ってました。グッズに並んでいる私の目の前を通り過ぎるBBペンは、K-POP Super Liveの客層とは違って、おしゃれ系。男性の姿も見えました。私を最初にトンに引き入れてくれた友人は、その日はBB参戦でした。それぞれ別の道へ…(爆)。

そういえば、幕張でSJとBBのトレーラーを見ました。会場の回りをぐるぐる走っていたようです。カメラ出すのが間に合わず写真は撮れませんでした。グッズは、リストバンドだけ購入。写真は、一つ前のブログに載せておりますが、出演者の名前が入った白と黒のリストバンドです。収益が全額寄付になるそうです。

今回の出演は5グループで、2時間きっかりでした。通訳はなし。順番にパフォーマンスして、最後に全員が挨拶して終了。自主性に任せた(笑)進め方です。2009年1月にイェソン落ちした直後にこのライブ(The 3rd)参加しましたが、この当時は、SJ-Happyが今のSHINeeみたいな感じで、若手アイドルの最初のつかみだったのを懐かしく思い出します。当時はヘソン、チョンジン、フィソン、Tei, SG, という顔ぶれだったんです。時代の流れを感じますね。

歌う順番は、始まる前に昼に参加した友人から一通り情報をゲットしていたの余裕でした。
SHINee → 大国男児 → X-5 → シン・ヘソン → Super Juniorの順。ヒチョルは欠席。最初にSHINeeを持ってきてつかみはOKというところでしょうか?

会場はブルー多めとグリーンで埋め尽くされていたものに、オレンジのライトが、まんべんなく光ってました。さすがシナペンさんです。毎回グループ紹介の映像が最初に流れ、その間にStarたちが舞台に立って歌う準備をしているというパターンです。

b0021101_0464054.jpg

Credit: as tagged

◎SHINee

1. Juliet
2. Stand by me(日本語)
自己紹介
3.RDD
4. Hello
5. Lucifier

土曜の東京伝説で Stand by me, Hello, Lucifierを歌ったと聞いてたので、超うらやましかったけどそれを上回る選曲。会場は最初から超盛り上がり。

SHINeeペンじゃないが(しつこい)、元旦のソウルコン以来のSHINee。あのときは席が遠かったし、LucifierのコンセプトでOnewとテミン以外髪型とメイクがぶっ飛んでてビジュアルがちょっと…だったのですが、今回はナチュラルで可愛さ全開。危うく落ちそうです。

うぎゃぁぁぁぁあ、みんなかわいい。激しくかわいい。SHINeeはレベルが高い。歌唱力も、曲も、ビジュアルも素晴らしい。日本語で歌っても、声質が良いので言語の差をあまり感じないぐらい。やっぱりOnewの伸びる声は大好きです。黒髪になってい、あまり目立たなかったけど、笑顔は最高!KEYくんは遠かったから余り見えなかったけど、日本語を頑張ってました。テミンがこれまた小鹿のようにかわいい。自己紹介以外はほとんどしゃべってないと思います。100 out of 100で髪を切ったのは知ってたけど、セクシーな衣装と魅力的なダンスで、おねーさん(おばさん?)ちょっとヤバい。ミノくんは、髪が伸びて、私の大好きな前髪も復活し、さらにくるくるヘアで愛らしすぎてめまいがしそうでした。私が落ちかけた当時のビジュアルに戻りつつあります。背が高くて足も長くて、まさに王子様!これもやべーってかんじ。そして、いつもスルーしてるブリンくん(Elleさん、ごめんね)”あざーっす”を気に入ったらしく2回ぐらい繰り返してました。とっても楽しそうに歌ってて、キレのある力強いダンスで、自信にあふれていました。SHINee全員は本当に輝いていますなぁ。今回は、大好きな曲ばかりだし、超幸せ。瞬く間に5曲が終わり、去っていきました。流星群が通り過ぎたあとのようです。


◎大国男児

1.不明
2. 不明(日本語)
自己紹介
3. ふらふら
4. 不明(日本語)
5. セカンドシングル

初大国君でした。真っ赤な衣装でちょっと暑そう。BSジャパンで見ていた時期もあるので、一応メンバーのことは知っていたのですが、”ふらふら”しか分からず。汗をいっぱいかいて一生懸命がんばってました。カラムくんは、人より顔が一回り小さくて、美形で目立つ。ミカくんが、顔が細長くなり別人みたい。あまり元気がないように見えました。目が変わった?と友達と噂になりましたが痩せただけでしょうか?コンセプトなのでしょうが、歌唱力は高いのに、あの子供っぽい衣裳が歌の上手さを削いでしまっている気がしました(あくまで私見)。初期のU-Kissを思い出してしまった。掛け声もちゃんと聞こえました。でも、ごめん、SHINeeより同じ五曲だったのに、長いと思ってしまいました。

◎X-5

1.しらない
2.PV
自己紹介
3.デビュー曲

デビューしたばかりだそうです。一曲めは黒づくめのスーツ。背が高くて、スタイル良しでスタイリッシュなイメージ。茶髪のちょっとイトゥク似?の子と目があった気がして一瞬ときめきかけたんですが、一曲終了後ステージから消えてPVが流れました。ここで座って休息。再び白いスーツで登場。自己紹介は初々しく、長い日本語もカンペを見ないで話していて凄いと思いました。しかし、Myイケメンはいないと勝手に断定。好きな声がいなくて、ひっかからず。

つづく…。
[PR]
by the_big_blue | 2011-05-17 11:25 | Super Junior