ソン・シギョン 2011 CONCERT in JAPAN SPECIAL~はじまりのうた~

相変わらず、(クソ)暑い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか?
パソコンの調子が悪かったのに加え、数日間家を不在にしていた関係でブログを放置しておりました。帰宅して、PCが立ち上がることを祈っていてください。

そういえば、9日(土)は仁川で東方神起、Super Junior等が出演する外国人向け(日本人向け?)男性アイドルだけのぼったくりコンサートがありましたね?でも、そこに行ってたわけじゃないっすよ。しがない会社員は、某地方で変なもの見せられてました(涙)。

さて、綺麗なものに話を変えましょう。

7月10日(日)に、パシフィコ横浜・国立大ホールで開催されたソン・シギョンさんのコンサートにへ行ってきました。初シギョたんです。素敵な声と、素晴らしい人柄に魅了された2時間半でした。ソロコンサートでこんなに沢山歌ってくれるなんて嬉しかったけど、喉は大丈夫でしょうか。コンサート中、何回も咳をされてたので・・・。

名古屋、大阪と来て、横浜の会場が一番大きいそうです。今週また東京で2回コンサートが小さい会場でありますね?行けないけど、ライブハウス感覚で楽しめそうですね。

座席は、友人のお陰で3列めの真ん中のブロックという神席で見る事ができました。そんなにシギョンさんを知らない私が良いのと申し訳ない気持ちもありましたが、シギョンワールドを堪能させていただきました。良い意味で、舞い上がりすぎて記憶がないということが無い代わりに(某雲氏の場合はいつも記憶がない)、しっかり歌、トーク、姿を記憶しております(笑)。

セットリストは不明ですが、日本曲3曲、英語曲3曲ありました。日本語がとても上手でびっくりでした。大きな身体で小さい声で(笑)話すところもミスマッチで可愛かった。誠実でまっすぐな人柄を感じました。それでいて、おちゃめで沢山笑わせてもらいました。

歌詞を非常に大切にするそうで、日本語の歌も、自分で理解して納得した歌詞でないと歌わないそうです。私たちも、シギョンさんが大切にしている”歌詞”を理解して聞けたらいいのだけど…。

途中からは歌に集中したいということで、ユさんという、完璧な日本語を話される通訳さんがトークのお手伝いで出てこられました。いい感じにシギョンさんのニュアンスを込めた日本語に通訳してくれるのです。この方がとてもいいキャラでした。暖かく包み込むような歌声のシギョンさんは、私よりずっと年下なのに、なんだか気分的にはオッパと呼びたいような錯覚にさえ陥りました。はい、すみません。勘違いですね(^^ゞ。

ちとお太りになられたようです。今回のステージでは、最初の韓国のツアーで着ていたスーツを着てきたそうですが、ピチピチになっちゃったそうです。コンサートが始まってすぐ、首が苦しくなってしまい、歌いながらネクタイを緩めてました。日本のコンサートが決まってからは、今は毎晩12時までラジオのDJの仕事があるので、その後に準備をしていたそうです。

シギョンさん、目が細いから、目が合ったかどうか確信が持てない(目の大きな通訳のユさんとは目が合ったと思うけど(爆)。マイケルジャクソンのダンスまで見せてくれて観客を盛り上げてくれました。アンコールは2曲。最後は、ドラマ゛ハイキック゛でユン・シユン君が歌ってた歌でした。シギョンさんのデビュー曲だったんですね…。とても素敵な歌でした。

これがそのデビュー曲。シギョンさん版を実はまだ聞いたことがない。(←嘘です。何度も聞いていました。シユンくんと歌い方が全然違うので、同じ曲だと気づかなかったというどじな私)あ、Onewとデュエットしてたのでちょっと聞いたことがあるかも・・・。


歌に大して真摯で、歌詞を大切にして、デビューしてからずっとバラードを歌い続けるというポリシーを貫く強さがとても素敵です。CDだけでは分からなかった彼の人となりがコンサートでは見えるんですね!楽にのびのびと歌っているようですが、コンサート中に、”実は水の上を泳ぐ水鳥のように水面下では足をバタバタさせている”と言ってました。余談ですが、トークの中で、トンが2回、ソシが1回出てきて(美形でスタイルが良くて踊れるアイドルの代名詞として使ってました)ちと嬉しかったな。

後半、ワイルドにミネラルウォーターを頭からかぶってトレードマークの横分けの前髪を振り乱し、熱唱し、曇った眼鏡で歌う姿も一生懸命で素敵でした。次のアルバムが出る頃には、体を絞って、カッコいいと言わせてくれると思います。個人的には最後に来ていた、黒いシャツがとてもセクシーだと思いました。

少し予習をして行きましたが、正直言うと、新しいタオルみたいに、音楽が自分にうまく入って行かなかったのです。だけど、今朝改めて聞いてみると、着心地のよいTシャツみたいに、すっと入ってくる気がしました。

また素敵なうたいびとさんに出会ってしまいました~。

個人的には、Desperadoではなく、これが聞きたかった。

[PR]
by the_big_blue | 2011-07-11 18:41 | K-POP, drama, movie