イェソンお勧め映画No. 5 、"みんな元気”みました(お勧め)

イェソンお勧め映画 No. 5”みんな元気"を見ました。

これは全然見る気無かったんだけど、TSUTAYAでレンタル割引のメールが来たのを良い事に、沢山借りてきました。今まで、イェソンのお勧め映画何個か見てきたけど、あまり共感できるのがないというのが今の状況です。ま、しかたないやね。

Gangs of new york, John Qの後にみたので、なんかほっとした気分です。これ見て、また、夜中に泣いてしまった。初めの二つでは涙は出なかったな。

デニーロさんが可愛いお父さん。奥さんを無くして4人の子供を実家に読んで集まろうとウキウキ準備してたのに、全員にトタキャンされる。そこで、お父さん自ら電車に乗って、ニューヨーク、シカゴ、デンバー、ラス・ベガスへと子供たちにに会いに行くロードムービー。

ふと思ったけど、ギャング・オブ・ニューヨークのダニエルさんの役は、デ・ニーロが若かったらぴったりだった役ではないかと思います。でもここでは、丸くなったお父さん。力の抜けた演技がいい。

このお父さん、昔は結構厳しくて、子供たちとちゃんと話もしてなかった。お母さんが、そのクッション役をやってくれてたんですね。妻を亡くしてみて、自分が全然子供たちのことを理解していなかったか、距離があったかということに気づく。勝手に子供たちが優秀なエリートで活躍していると思いこんでいたのだけど、実際のところは、そんなこともなくて、それぞれ問題を抱えてる。子供たちはお父さんに期待を裏切らせてはいけないと思って、嘘をつくんだよね…。お互いの思いがせつないんだわ~~~。

一人で、キャリーバック引いて、モーテルにとまって、バスのチケットを買って、おろおろしながら子供のところに行くけど、結局なんだかんだと理由付けられて一泊で追い出されるお父さんの姿みてたら、胸がきゅんとなった。それでも、フィルムのカメラで一生懸命写真を撮る姿が印象的でした。

家族って、理想通りにはいかないけど、それでもみんなそれぞれ頑張ってる。おじいちゃんになったデ・ニーロさんの笑顔みてたら、なんとなく父親の姿と重なって胸が涙がとまらなかった。

結局、家族って近すぎて忘れがちだけど、一番大切なんだよね。日ごろの自分の行動を反省。これは5点満点で★★★★。お勧めです。家族思いのイェソンが選んだというのがよくわかる映画です。
[PR]
by the_big_blue | 2011-09-19 17:00 | Super Junior