お勧め映画 No.19 Eight Below を見ました

イェソンのお勧め映画 No. 18 & No.19でまだイェソンが映画を紹介してくれてましたが、No.19のEight Belowをさっそく見ましたよ。邦題は南極物語です。

Eight Belowとは、零下8度という意味だそうです。華氏でなので、摂氏だと零下22度になります。ディズニーによる日本のタロとジロのリメイク版です。出だしに、Based on true storyと書いてなくて、inspired by true storyと書いてありましたね。ですので、話も設定も日本の南極物語とは別のお話だと思った方がいいと思います。

自分の研究の成果を上げる事で頭がいっぱいの研究者様が南極にいらっしゃいまして、嵐が来ているというのに難所へ行くことになりました。途中、亀裂に落ちたり、滑ったて足を折って周りに迷惑をかけまくります。何とか基地に無事に戻るものの、大嵐を避けて人間は飛行機で南極を離れます、8匹の犬たちを残して…。

なんとなくストーリーは想像つきますよね?アメリカ映画らしく、いろいろな苦難に阻まれるものの、最後は熱意や努力が報われて最後はハッピーエンドですので、安心してみる事が出来ます。ネズミ―映画だし、死とかそういうのは最小限のほうが子供の情操教育には良いですからね。日本版の映画の辛さ(記憶はあいまいだが)2匹だけが残ったというその現実のリアルさを感じさせるような暗い部分や深みは無いです。ですが、けなげな犬たちの姿に心打たれます。犬たちがとてもよく訓練されています。

監督のフランク・マーシャルさんって、調べたら凄腕プロデューサーだった。レイダース、グーニーズ、バックトゥーザフユーチャー、カラーパープル、太陽の帝国、シックスセンス、シービスケット等など凄い方です。

かなりお金かかってそうです。悲しまずに見られるし、犬達の演技がよかったから5点満点で★★★。

タロとジロについて、稚内市役所さんのホームページに特集があったので勝手にリンクを載せさせていただきます→ 稚内市役所オームページ 南極観測樺太犬について

タロとジロの写真をお借りしました。
b0021101_1764823.jpg

[PR]
by the_big_blue | 2011-10-09 20:05 | Super Junior