健康茶: 決明子(ケツメイシ)茶

会社にいろいろなお茶をとり揃えてございます。
最近のラインナップは、西湖龍井、ローズヒップティー、そば茶、アップル&シナモンティー、ココア、しょうが湯、日本茶、ジャスミン茶など。お茶ばっかり飲んでいるわけではありませんよ。一応仕事もしています(笑)。
ここに、最近仲間が増えました。決明子(ケツメイシ)茶というお茶です。たまに買う通販の中国茶のお店で、健康茶という言葉にひかれて買ってみました。

これは、お茶の葉を使わないお茶なので、お茶でも茶外茶と呼ばれるものです。
味も色も、甘めのほうじ茶系で飲みやすく、美味しいです。ティーバッグだったのですが、これでこれで4杯ぐらい飲めます。袋の中にチョコベビーみたいな小さい種(エビス草の種だそうです)が入っています。

決明子をネットでしらべてみたら、漢方薬なんですね。一般もハブ茶と言われているものと同じだそうです。それなら聞いたことがあります。効能としては、目の充血、血圧を下げる、便秘に良いそうです。ここのところ一週間ほど飲んでいますが、特に変化は無し。そんなすぐには効かないか。下痢・低血圧には禁忌だそうです。

健康茶に限ったことではなく、お茶、食品、エッセンシャルオイル、化粧品などについても思うのですが、1つの物を使いつづけるのは効果を高めるために良い場合もあるけれど、それが自分に良くない物だった場合のリスク(残留農薬、化学物質、悪影響)を減らすためにも、いろいろな物を使った方がいいのかなと最近思うようになりました。先生とかに処方されたりする場合は別ですけれど。

昔友人から、シャンプーのブランドは1つにしないで、いろいろ使った方がよいと聞いたことがあります。同じ会社の製品だと身体の中に同じ化学物質が蓄積されていきます。会社を変えれば、蓄積される物質が変るので、リスクが減らせるという事なんです。それはシャンプーでなくても同じではないかと思うのです。自分の貯金をいろんな銀行に分散して預けるようなものですね。

もちろん、昔から、人間が使っているもの、食べている物(たとえば、お米とかお味噌とか納豆とか)はつづけて取ってもいいと思いますが。というわけで、私はあれこれ同時進行していくと思います。だから、お茶の効能もすぐはでないとは思うけど、少しでも便秘と目の疲れがとれると嬉しいな。
[PR]
by the_big_blue | 2005-01-14 15:10 | Gourmet