スゴい韓国映画:息もできない 

ずっとみたくて、気になっていた映画です。

b0021101_23471651.jpg


良いとは聞いてたけど、凄い映画だった。世界で25を超える賞に輝いたのも理解できます。

暴力はめっちゃめっちゃシーン多いし、悪い言葉多いし(つうか会話のほとんどがそれでできてるんじゃないかと思う)、子供の教育には絶対良くない映画なんだけど、暴力だけじゃない何かがある映画です。この映画も見ている間、涙がだらだらでて困った。

愛情に飢えていいるのに、家族を本当は愛しているのに、それを表現うまく表現できないサンフンのお話なのですが、そんな彼のもどかしさ、気持ち、想いがこの映画でびしばし伝わってきます。こんな映画見たことないかも。ええええい、あたしの文才では、この映画の凄さが書けない。

公式サイトでの映画紹介を御借りします: 偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。でも、そこから運命が動きはじめた……。 「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニ。歳は離れているものの、互いに理由もなく惹かれあった。ある日、漢江の岸辺で、心を傷だらけにした二人の魂は結びつく。それは今まで見えなかった明日へのきっかけになるはずだった。しかし、彼らの思いをよそに運命の歯車が軋みをたてて動きはじめる……。




なんと、主役ヤン・イクチュンさんは、製作・監督・脚本・編集もされているという凄い人でした。公式サイトがとても興味深いのでよかったらここで情報ゲットしてください(笑)。

⇒ http://www.bitters.co.jp/ikimodekinai/index.html

平和で楽しい映画とは言えなんだけど、凄い映画だったから、5点満点で★★★★★。

5点満点で、
[PR]
by the_big_blue | 2012-02-05 00:15 | K-POP, drama, movie