韓国ドラマ:ソル薬局の息子たち

BSで、月から木まで放送していたのを録画しながら、やっと今日見終わりました。全部で54話。長いドラマは挫折しがちな私ですが、全部見通しました。

b0021101_073873.jpg


2009年の最高視聴率48.6%を記録し、この年のNo.1の視聴率に輝いたドラマだそうです。長いドラマ2つを同時に見るのは不可能だと思って、ソル薬局を選んだのですが・・・・。友人は、これをすごく面白いという私が理解できないと言い、”笑ってトンへ”を選ばなかったのが変だと言いますが、私は、このドラマ、大好きでした。

簡単に書くと、4人の独身息子がいるソル一家の息子たちが結婚するまでのドタバタホームコメディです。4人の息子たちがとても個性的でいいのですよ。

長男は、全然イケメンじゃないけど、責任感が強くて、真面目で、ダサいけど、暖かい人で薬剤師。

次男は、超イケメンで、小児科の医者。遊び人で、女の人の取り扱いが上手い。チャラチャラしてて、母親からは感心を持たれなくていじけてる部分もある。

3男は、くそまじめな新聞記者、芸術を愛し、動物を愛する熱い男だけど、融通がきかない。ちょっとおとぼけで、素朴さがある。

4男は、可愛い顔してるんだけど、優しすぎで、手芸が好きだったりと若干女っぽい浪人生。、家族のなかでも兄さんたちの個性が強すぎて忘れられてる。

そんな4人の母がいっつも怒って、ぶって、喜怒哀楽が激しいんだけど、愛情深くて、とてもいい味出してます。頑張れクムスンで、カン・ジファンのお母さんをやってた人です。とても演技が上手くて、このお母さんがある意味主役だったと思います。

この家族に、いろんな人が絡んでくるのですが、なんというか日本人だから想像で言いますけど、多分今は無くなりつつあると思う、韓国の家族のあるべき姿(大家族で、男を産むことが大切で、両親を大切にして、先祖を敬って、ちゃんと結婚して、料理もきちんとして、礼儀を守り、愛情あふれた家族の理想像)を上手く描いているので、共感する人も多く人気が高かったのではないかと思います。なんとなく、昔の日本と通じる所もありますね。

出てくる人俳優さんたちがみんな上手くて、それぞれ好きになりますね。自分がこの家族の中にいたら、プライベートの時間は無いし、不自由だろうなと思いつつ、こういう多少窮屈でも愛情にあふれた家族というのも本当はいいのかもねとも思ったり。

イェソンのミュージカル南漢山城で初めて名前を知った、イ・パルモさんは次男役で、とてもかっこ良かったし、おちゃめとシリアスを使い分けてていい味出してたし、4男君は、今をときめくチ・チャンウク君だし、毎回見るのが楽しみでした。見てる間は録画が溜まって結構忙しかったけど、終わっちゃうとなんだか寂しい気分です。

5点満点で★★★★。思えば、ドラマにありがちな、イライラすることが少なかったです。
[PR]
by the_big_blue | 2012-07-08 00:07 | K-POP, drama, movie