アロマ生活の始まり

January, 2004

アロマテラピーという名前は、しってはいたものの実際にはよくわからなかった。
ひょんなことから、リフレクソロジーを受ける機会があり、そのときに初めて
オイルにいろいろな種類があって、そのときの体調や状況でエッセンシャルオイルなるものをつかってマッサージをすることを知った。

思えば約10年まえ、仕事がらみで、バーブアイランドに勤めていた人からラベンダーのオイルをもらっていたのを思い出した。
(ごめんなさい、あんなにたくさんいただいていたのですね。オイルがあれほど高価なものとは知りませんでした)
10年前だから油が酸化しているとは思いつつ、せっかくいただいたのだからと寝る前に枕にたらして寝たら良く眠れる。
急にもっと良くアロマテラピーについて知りたくなりました。

図書館でいろいろ本を読んだり、かたっぱしから、エッセンシャルオイルを扱う店にも行ってみました。
一番参考になっている本は”アロマテラピーを楽しむ生活”という本です。
あとは、生活の木は良く行きました。
そこの通販カタログは読むだけでとても楽しいです。

たくさんのレシピが書いてあり、それにあわせてオイルをそろえて、いろいろと作るという生活を始めました。
それがきっかけで、石けんつくりや、Lush(ラッシュ)にも興味が出てきました。
[PR]
by the_big_blue | 2004-09-04 16:42 | hand-made, cooking