韓国映画: 黄海(悲しき獣)をみました

溜まってた映画やドラマまを頑張っていろいろ消化しています。これも、前から気になってた韓国映画、”黄海(邦題:哀しき獣)”です。

この映画を見るために、予習として2月に”チェイサー”をみていたのですが(この作品と同じキャストと監督だったから)、それからかなり時間が経ってしまいました。
その時のレポはこちら→ 韓国映画:チェイサー

b0021101_1943167.jpg


2010年の映画ですが、日本にきたのは、2012年。ほんと、時間がかかるわ。

グロさでいったら、チェイサーのが凄かった。でも、それなりにグロいですが、それがあまり気にならない。若干、バイオレンスシーンが多い気もしますが、2時間20分という長さを感じさせず、一気に見てしまいます。

ある、朝鮮族の男が、借金の返済のために殺人を請け負うことになり、韓国に密入国する。彼には、韓国へ出稼ぎに行ったまま戻らない妻を探すという別の目的もあった。殺そうとした相手は、別に狙うものがいて先に殺されてしまう。その殺人にはいろんな人が絡み、どんどん話が大きくなっていく。朝鮮族の雇われ殺し屋役は、ハ・ジョンウ。そして、彼の依頼者でもあり、朝鮮族のヤクザのボスの役がキム・ユンソク。

あまりに我々の世界とはかけ離れているのですが、逆に怖いものみたさというのもあり、惹きつけられます。大事件に巻き込まれた話ならよくある話なんです。それが蓋を開けてみればあまりに・・・みたいなところに、人生の虚しさとか、切なさとか、残酷さが描かれている気がします。最後の結末も見逃せません。

中国にいる朝鮮族の話は、聞いた事がありますが、外国人の私には正直よくわかりません。多分、韓国の人達は、映画の中に私達が感じる以上のことを感じるのだと思います。

とにかく、アクションシーンがリアルで、息もつかせぬリズムで展開していきます。内容的に楽しい感じではないですが、骨太で、見せる映画だと思いました。役者さん二人の迫力がすごい。演技じゃなくて、その人そのものって感じです。

5点満点で★★★。過激なシーンもあるので、誰にでもおすすめはできませんので若干、低めに付けてますが、気持ち的のはもう少し上につけたいかな?
[PR]
by the_big_blue | 2012-08-15 06:16 | K-POP, drama, movie