韓国映画: ブラインド

キム・ハヌル主演の”ブラインド”を見ました。

どんな映画かよく知らずに見たのですが、見たのは不純な動機からです。
助演はユ・スンホ君(笑)。

ジャンルでいうと、ホラーサスペンスかな?視覚障害者の女性(キム・ハヌル)が殺人現場に居合わせてしまい、その殺人者から追われる話です。もうひとりの殺人事件の目撃者がスンホ君。

基本的に、チェイサーとか、黄海はみられるのに、こういう映画の方が苦手かも。こういう、身近にありそうな映画の方がリアルで怖い。

スンホくんは、ちょっとスレた感じの子の役。ぺクドンス見てる最中だから、ちょっとギャップがあるけど、可愛いです(笑)。でも、なんでこの映画を出演作に選んだんだろう?いつもと違う不良みたいな役をやってみたかったというインタビューを読みましたが、もうちょっといい作品を選べばいいのに。

キム・ハヌルさんは、初めて見たのは”ガラスの華”だったなぁ。その時は、わりと好きだったんだけど、若干顔が変わった?熱演ではありますが、映画に中身が無い気がします。タイトルからして、目が見えない事が主役であるはずなんだけど、変質者でもある殺人者の残虐さと気持ち悪さが際立ってしまっています。また、目の見えない人に暴力を振るう男に対して、嫌悪感だけが湧きます。

映画自体に中身と救いが無い。見に行く人は何を求めていくんだろう?5点満点で★。観客動員数は多かったようですけどね。
[PR]
by the_big_blue | 2012-08-13 22:56 | K-POP, drama, movie