韓国映画: カシコギ カシコギ 父と子が過ごしたかけがいのない日々

b0021101_002224.jpg


最近は、ぼちぼちとぺクドンスを見てまして、昨日は映画”ブラインド”をみて、今日はこれをみて、ユ・スンホ君祭りになっています。あまりに若すぎて、ファンというレベルではないんですが、素敵な子だと思います。でも、多分私は、スンホ君に自分が好きだった時のイェソンの顔(もちろん、今も大好きです!)を重ねて見ている部分あるのかなと思っています。

スンホ君を見たのは、”おばあちゃんの家”が初めてです。その時は、生意気そうなガキだなと思っただけで、そんなに有名な子役さんだというのは、あとで知りました。

小学生ごろの出演作でしょうか?ハイキックで、情けないお婿さんをやってた、チョン・ボソクさんが主演。白血病の息子(スンホ)を持つ、詩人である父親の役です。息子の病気を治すために戦った、かげがえのない日々のおお話。全4話。反町さんで”グッドライフ”というドラマでリメイクされています。

なんで、こんなに悲しいんだ。涙ボロボロです。

同じタイトルの原作本があり、韓国でベストセラーになったそうです。今度読んでみようと思っていますが(邦訳が出ています)、子供の病気の話は、辛いですよね。わざわざ辛い話を作ることもないじゃんと思わなくもないのですが、父と息子の二人の演技は心を打ちました。

タイトルのカシコギとは、魚の名前です。このカシコギと、父親が重なります。ネタバレするから書けないけど。


ボソクさんの、優しくて一生懸命で、でも不器用で、ちょっと気が弱くてという父親を大熱演。後半に向けて顔も変わって、凄みをましてきます。

そして、スンホ君の可愛いこと。そして、演技してるとは思えないリアルな演技力。流す涙は本物にしか見えないし、あれだけのセリフよく覚えて、モノにしている。今と、同じ顔なのもとても可愛くて、素敵に育った今と見比べるのも興味深いと思います。

悲しい話ですが、二人の演技は見る価値アリだと思います。そして、このドラマを見て、ついつい忘れがちだけど、普通に生活できることの、あたりまえのありがたさを思い出させてくれました。話が辛すぎるからちょっと控えめにつけました。5点満点で★★★1/2。
[PR]
by the_big_blue | 2012-08-15 00:48 | K-POP, drama, movie