韓国ドラマ: シティホール

見終わってから、バタバタしてて忘れてました・・・。

シティーホールの感想です。
最初は、のんびり楽しく見てたんですが、忙しくなってバタバタ見た上に、同時期にペクドンスを見始めたので、気持ちがそちらに行ってしまい、ちょっとテンションが下がってしまいました。

b0021101_23305399.jpg


”キム・サムスン”のキム・ソナと、”最高の愛”のチャ・スンウォンのラブコメディです。

ざっとしたあらずじは、アラフォーのお茶くみの女性職員(キム・ソナ)が、市長になって頑張るお話です。その彼女をサポートするエリートがスンウォンさんです。

市長になるまでのエピソードはとても面白かったです。キム・ソナさんの、明るさとコメディエンヌぶりにかなり笑わせてもらいました。でも、10話をすぎて市長になってからが、軽快なノリからちょっとシリアスになってきて、めんどくさいかんじになってきました。

キム・ソナさんは、スタイルもいいし、頭の回転も早いし、コメディーもできるし、演技も上手だけど、キムサムスンの頃から比較してしまうと、時がたったのを感じて、ちょっと悲しくなりました。後半は、若干オーバーアクションが目についたかな。働く女性として共感出来るという感じの描き方でもなかったです。共感というのなら、”タルジャの春”は、胸にぐんぐん刺さるようなセリフだらけで、なかなかいいドラマだったと思います。

スンウォンさんは、やっぱり素敵でしたね。最高の愛のトッコジンがダントツ完成度が高いけど、それに至るまでの兆しが見られるのが見所です。無慈悲な役も、可愛い役も、情けない役も出来る、ただのイケメンではないところが魅力だと思います。

いつも不思議に思うんだけど、ドラマにかならず、隠し子か、孤児か、不治の病のどれかが最低含まれている気がします(笑)。ま、これも、お約束って感じでみればいいのかな?

結局は、シンデレラストーリーでした。女性はシンデレラストーリー&ハッピーエンドは大好きです。大人の恋愛ドラマも珍しいから、大人としては嬉しいと思いつつも、一方で痛さを感じたりして、正直、ちょっと後半入り込めない感じでした。

軽く見るには良いと思います。中身はあまりない気がしますが、お気軽に見るには良いラブコメだと思います。個人的には、見たあとに印象がないですが、最後にSorry Sorry踊ってたのと、スンウォンさんがなんだかんだと素敵だったから気持ち高めつけました。5点満点で★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2012-09-15 00:27 | K-POP, drama, movie