韓国ドラマ: 武士 ペク・ドンス

武士 ペク・ドンス全30話見終わっちゃいました~~。途中、中断したりしながら見ていたので、時間かかってしまいました。寂しいです!

このドラマは、イェソンがOSTを歌ってるし、”ソル薬局の息子たち”マンネと天才子役のユ・スンホ君が出演してるというので、ずっと見るのを楽しみにしていました。最初は、ペク・ドンス役ははスンホ君かと思ってました~~。

話が延長されたそうで、30話と結構長かったけど、幸せな時間でしたわ・・・(うっとり)。逆に、同時進行で見ていたラブコメ ”シティホール”に身が入らなくなってしまった。こっちは20話でも長いと思ってしまった始末。

<あらずじ>
逆賊の子として生まれ、命を狙われるが、父親の仲間に助けられ育てられたペクドンス。手足が不自由に生まれるがそれを克服してイ・サンの護衛役になるお話。ペク・ドンスは実在の人物らしい。ドンスのライバルに、父親同士が仲間だったウンがいる。二人は友情を育みつつも、彼は人を殺す星の下に生まれその運命から逃れられず人殺しの道を歩む。一方、運命を変えて切り開くドンスとのコントラストが注目。

このドラマは、女性陣はあまり魅力的な人がいなかった。

最初は、二人の主役の子役二人で初めの数話が進行しますが、このままこのキャストで行っても面白いんじゃないかと思ったぐらいです。”一枝梅”の子役の子(ドンス)と、”ごめ愛”と”犬とオオカミの時間”の子役の子(ウン)が上手い!かれらの今後も楽しみです。韓国ドラマの子役はすごいです。

そして、脇を固めるキャラもいい。軽薄で粘着質な小物殺人者(人)、ペクドンスの育ての親たち、極悪大監(一枝梅でも悪役ぶりが光ってた)等のおやじ軍団が素晴らしい。オ・マンソクさんが王子の役だったが、普通に見えてしまい魅力が出ていなかった。

そして注目すべきは、剣仙と天のオヤジペア。”チュモン”や”キムタック”でもいい味だしていた、チョン・グァンリョルさんが剣の達人としてアクション頑張ってます。地味ながらドラマを引き締めています。そして、彼のライバル天役のチェ・ミンスさんが超素敵なのでした。中世のロッカーというか、成熟した男の色気全開で、あの眼力で人をひきつけます。強心臓でSJと一緒に出演されているのを見ましたが、リアルなご本人もかなりぶっ飛んだキャラのようです。

そして、若手だって魅力満載!ぺクドンスのチャンウク君は、背も高いし、スタイルもいいし、顔もいいし、とてもいい役なんですが、正直霞んでしまった。そのぐらい、主役を食ってたのがスンホ君演じるウンでした。悲しそうで、寂しそうで、陰りがある役が似合いすぎ。イェソンのホン・ギルドンと重ねて見ておりました・・・。それにしても、スンホ君、あの若さにして、あの存在感。おそるべし・・・。

このドラマの一番の魅力は、若くて超イケメンの主役2人と & いぶし銀のオヤジ2人ダブルパワーだと思います。2人 X 2人の人生がオーバーラップして物語に深みを出しているのです。特に、天(ミンス)とウン(スンホ)が超かっこよかった。(ただ、この二人の関係が、ほとんど描かれていなかったのが非常に残念)
b0021101_2205969.jpg


あと、絵師の役の俳優さんがドンヘに似ていて、さわやかイケメンだった。
誰なんだろう?

そういえば、天(ミンス)とウン(スンホ)は”大王四神記”でも敵対していましたね。ヨン様の子役がスンホ君でした。それを言うなら、”一枝梅”も、ドンスの子役(イルジメの子役)と極悪大監が敵対していました。時代劇って、俳優さんが結構かぶりますよね?




お決まりの1人の女性を巡る戦いもあり。

まじ、ストーリー的には穴だらけ。これ、ぶっちゃけ主演の4人の魅力(2人の子役もよかった)で持ってたんじゃないかと思う。最終回は、みんな出演者がカップルでくっつくもんだから、自分は何のドラマを見てるか一瞬わからなくなった始末。これ、ストーリーがちゃんとしてたら、すごい作品になったと思う。それでも、楽しく見てしまったのは、悲しそうな目のウンが見たかっただけかもしれない。

あと、イェソンの歌が2回しかかからなかったのが不満。嬉しかったのは、ウンテさんの歌が良いシーンで何度もかかります。

スンホくんの役は、ウンという名前なんだけど、漢字で書くと ””だったのですわ~~~。そんなところにも、勝手に命を感じてしまった、イェソンペンなのでした。アイライン好きとしては、スンホくんの目を見るだけでも十分価値があると思います(爆)。

これキャプチャするだけで、結構時間を使ってしまった。

b0021101_2157176.jpg
b0021101_21571166.jpg
b0021101_21571518.jpg


バカっぽいレポになってしまったので、この辺で終わります。

ドラマのストーリーは、面白いところもあるんですが、人物描写も適当で(情けなさ過ぎる王様とか、天とウンの関係とか、わけ分からん王の後妻とか、ケンゾウって名前の倭人とか・・・。)とイマイチなので、完成度は低いけど、天と剣仙、そして、ペクドンスとウンのそれぞれの友情の描き方がかっこよかった。エンタメとしてはよし!黒装束でロングヘアーのウンが素敵過ぎたため、えこひいきによる高得点。ウンを見るためにドラマを見ていたといっても、あながち嘘ではない。5点満点で★★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2012-10-03 23:59 | K-POP, drama, movie