アメリカ映画: 声をかくす人

韓国エンタにどっぷりつかり過ぎの私ですが、久しぶりに全く韓国と関係無い一日を過ごしました。

12月1日期限の映画の招待券があり、今日夕方から岩盤浴に友達と行くのでその前に映画を見ようと思って探していました

”声をかくす人”

ってよくわからないタイトルがあって、映画情報を見てみたら、主演が

James McAvoy

無条件に、映画決定!

グラスゴー出身の彼、大好きな俳優さんです。最近、洋画見なくなってたのでなにしてるか知らなかった。ナルニアのタムナスさん、つぐない、ペネロペ、ウォンテッドなど出てます。ひげをはやすと、一時どハマりしていがGerard Butlerを思い出す…。

そういえば、新聞広告で見た気がする。リンカーンを射殺したという容疑で、アメリカで最初に死刑になった女性の話ですね。監督はあのロバートレッドフォード。実話だそうです。



2010年の作品。社会派の重い映画でした。アメリカの歴史に詳しくないのと、最近アジア人の顔ばかりみてたので、正直、ほんと違う世界過ぎて感情移入はしずらかったものの、正義感にあふれる若い弁護士の姿がすがすがしく、いい映画でした。

b0021101_23263436.jpg


マカヴォイ君、やっぱり上手い。どんどんいい男になっている。小柄だし、凄いハンサムってわけじゃないんですが、あの眼がとてもいいですね。吸い込まれそう。やむなく南部の女性を弁護をすることになった北部の絵リーと弁護士が、南北対立を超えて、自分の将来の出世を捨ててまでも、一人の人間として、一人の弁護士として、人権がきちんと裁かれることを求めて、戦う姿をリアルに演じていました。

b0021101_23255769.jpg


弁護される側の女性は、ライトペン。ショーン・ペンと前結婚してましたよね?ほぼすっぴんと思われる姿で、でも、あまり愛想もないんだけど、意志の強い女性を演じてました。木で鼻をかんだような女性なんだけど、じわっと魅力がでる、そんな女性を好演していました。

オリジナルタイトルは、The Conspirator。日本語だと共謀者でしょうか?これがなんで、“声をかくす人”になるかよくわかんないですが、見応えのある映画でした。正直途中で、意識失ったのも事実だけど、見て損はなかったな。


映画の予告編久しぶりに見たけど、あれ見ると、また映画見に行きたくなりますね。やっぱり、映画は、劇場の大画面で見るのが良いですね。

これ見たいな、ファーストポジション。


これも辛そうだけど、興味がある。予告編を見て、涙が出た。


岩盤浴へ行くのは2回目。代謝が悪いのか、あんまり汗が出ませんでした。でも、終わったら、血行が良くなった気がしました。普段顔色があまり良くないんだけど、お肌もいつもよりもちもち。たまに、行こうかな~~と思いました。

たまには韓国と関係ない生活もいいなと思ったけど、帰り道には無性にK-POPが恋しくなってしまいました。病気ですね。
[PR]
by the_big_blue | 2012-11-23 23:37 | Entertainment