八月のクリスマス(韓国)

今日は、ビデオにとっておいた韓国映画、”八月のクリスマス”をみようと楽しみにしてました。
友達がすごくいいよって。
韓国映画は、”シュリ”と、この前みた”チング”しか見たことがありません。
(冬ソナは毎週みてましたが)

映画は派手なことが起きるわけでもなく、まるで日本の昔の映画をみているような、あたたかいタッチで淡々とすすんでいきます。
でも、悲しすぎる。
気が弱っているときには見る映画じゃなかった。
見てる間じゅう、涙がとまらないんです。
こんな精神状態のときに見る映画じゃないわよと親にいわれて、素直に納得。
というわけで、最後まで見ることが出来ませんでした。
でも、途中まで見た感じでは、なかなか良い映画だと思います。
映画って、そのときの精神状態でこんなにも印象が変わるのかと思いました。

会社がやりがいなくても、安月給でも、痛勤が大変でも、元気で働けるというだけで
幸せなのかなぁ~なんて、ちょっと考えてしまった。

今夜も、微熱とまではいかないが、36.8度でちょい高め。
寝ることにします。
おやすみなさい。
[PR]
by the_big_blue | 2004-09-06 23:05 | K-POP, drama, movie