韓国映画:”王になった男”

しばらくブログ放置しており、申し訳ありませんでした。元気になりました。いただいていたコメントにすべてお返事をしたつもりですが、もし漏れていたりしたら、許して & ご指摘ください。

今、1番好きで興味を持ってるのがK-POPで、Super Junior のYesungであり、SE7ENであり、そのほかに東方神起、K.Willを応援しています。気持ちでは主にそのことを書いてるつもりで、韓国ドラマは 全然メインではないのですけど、なぜかドラマでのアクセスが多いという悲しい結果になっております。


イェソンがついに入隊して、さらにK-POP関連の記事が減ると思いますが、基本は、K-POPです。映画も大好きで、昔は洋画ばっかり見てましたが、最近は韓国映画ばかり見てますね。なんでだろう?洋画が前ほどそんなに面白くなくなったからかもしれない。邦画は、好き嫌い以前に昔からほとんど見ないからよくわからない。


さて、評判の高かった ”王になった男”を見ました。

b0021101_1722047.jpg

イ・ビョンホンさんは、個人的にあまり好きではないです。すぐ、筋肉もりもりのサービスショットとか入るから、引いちゃうんです。ファンの方すいません。

でも、出演作はいくつか見ていて(JSA,オルガン、ノムノムノム、恋愛中毒、アイリス、美しき日々)、演技力は安定していてさすがだと思います。特に、JSAとかオルガンとかはとてもよかったです。

この映画は、暴君と恐れられていた朝鮮王・光海君その影武者となった男を一人二役で演じたことで話題になりました。、韓国のアカデミー賞に相当する、大鐘賞で史上最多の15部門に輝いた歴史ドラマです。

映画を見てる時にずっと思い出していなのは”王の男”という映画。最初、監督さんが一緒なのかなと思った。衣装や、セットの雰囲気、OST、色合いが似てると思った。王の影武者をやる男が道化師だったのも、そう感じた理由。・・・ですが、違う人でした。

ビョンホンさんは、演技やっぱり上手いな。安心して見ていられる。二役を演じてるんですが、本物の時と偽物の時の演じ分けが自然で上手い。ですが、その偽物がだんたんと本物になっていくのも面白い。

ドラマというのは20数時間 or それ以上でひとつの物語を作り上げるのですが、2時間で伝え上げる映画は
そのエッセンスが詰まっています。それをすごく見ながら感じた。濃い映画だなと。

この映画を見たかったのは、”弓”という映画で印象的たったリュ・スンリョンさんが出てるから。”カエル少年失踪殺人事件”にも出ていました。彼の役も、王の役と同じ位非常に重要です。冷たい細い目がとても冷酷なんんです。でも、影武者と接してる時にふと見せるコミカルな姿に笑わされます。丸い顔してて、でもガキ大将が大人になったみたいなところが可愛くて、なんか好きです。”7番部屋の贈り物”という映画でちょっと頭の弱い父親の役を演じているのですが、この映画がとても見たいです。

b0021101_1718738.jpg


彼の冷たい目が、最後にちょっと変わるのも見もの。ずっとシリアスじゃなくて、ところどころ笑いの要素もあるんですよ、この映画が。脇役の役者さんたちもなかなか良いです。”イケメンですね”でマネージャーやってた俳優さんがシリアス武将役で熱演。

ハン・ヒョジュちゃんは、結構好きな女優さんなのだけど、ちょっと光ってなかったかな?最近、いつも出てくる子役(シム・ウンギョン)がいた。サニー、太王四神記、そして春のワルツでヒョジュちゃんの子役だった。ちょっと苦手なんだな・・・。

5点満点で★★★★。ただね~~、”王の男”を見た時みたいな、衝撃的なトキメキとか、心に刺さるとこまではなかったんだよね。なんでかな?ただ、これは良い作品であるのは間違いない。ただ、好きな映画にはならないかも、へへへ。勝手なやつです。
[PR]
by the_big_blue | 2013-05-11 17:06 | K-POP, drama, movie