4月の済州島へ 1日目-市内観光

今更ですが、そろそろネタも尽きてきたところなので、4月の済州島旅行のことを書きますね。
もう、記憶があんまりない(笑)。ツアーで行ったのだけど、自分で苦労して行った場所は印象が残るけど、どうしても点から点への移動で連れていかれた場合は、記憶が残りにくい。第一、旅をしていても、自分がどこにいるのかよくわからなくなる。

両親が元気なうちにいろいろと旅行に行きたいと思っています。国内旅行はたまに行きますけど、海外に行きたいと前から思っていて、近いので体力的にも負担感が少ない済州島の桜を見に4月にいくことにしました。

桜まつりに合わせたのですが、今年は開花が早くて、結局行った時は桜まつりが終わってて、普通の旅行になりましたが、桜は見られました。

調べたところ、済州島には公共の交通機関がほどんどないので、自分でタクシーを雇うか、ツアーに参加するかのどちらかになるということが分かりました。お手頃なツアーがあったのでそれに参加することにしました。

2泊3日ですが、朝早い飛行機で行き、夜の飛行機で戻ると、非常に中身の濃い旅行になります。ツアーで、かなりのエリアを網羅しました。これは自力ではとても行けませんね。たった、3日間なのに、とても長く旅行をしていたような気がしました。

行った日の翌日から、台風のような暴風雨に見舞われました。これで済州島の3大名物のうちの一つをバッチリ体感できました。あとの二つは、石と女だそうです。済州島は、大自然の素晴らしいところです。素晴らしいけれど、厳しさもあります。ここでずっと暮らしている人達は、忍耐づよくなるだろうな・・・。なんというか、自然には勝てない・・というのを実感しました。

私はあまりツアーで旅行に行かないのだけど、めっちゃ忙しいのね。連れて行ってくれるから楽だし、ガイドさんのお話もなかなか面白いけど、時間刻みで動かないとならないし、朝も結構早い。結構ヘロヘロになりました。驚いたのは、参加者が大半がシニアなのに、とても元気。元気だからこそこういう旅行にいらっしゃってるのだと思うけど、すごいわ・・・。

お昼すぎに済州島につきました。
最初に行ったのは、天に昇る龍を思わせる龍頭岩。言われてみれば、見えるかな?

b0021101_2083768.jpg


近くでイカを干してた。美味しそう。

b0021101_2014995.jpg


次が、三人の神が現れた伝説の地 ”三姓穴”。ここは桜がとても綺麗でした~~。写真ではよく見えないと思いますが、穴が3つあって、ここから神様が出てきたそうです。彼らの奥さんになった人たちは、九州あたりから来た人たちらしいです。

b0021101_2010532.jpg


それから、済州民俗自然史博物館を見て、済州島のの台所、東門市場へ。みかんがいっぱい。お魚もあります。

b0021101_20111233.jpg


ハルラボンというのが美味しいと聞いて、市場で買ってみました。1つ1000ウォン。そんなに安くないんだなぁ。みかん、美味しかったけど、日本のみかんと変わらないかな?

新羅免税店は東方神起がイメージキャラクターになっているのもあり、密かに楽しみにしてたんですね。珍しく免税品でも買ってみようかなんて思っていたのですが、行ってみたら店の前も、中も人人人。それも、恐ろしい数の中国人。あまりの人だかりと、独特のパワーに、店の中に入っただけで気分が悪くなり、お手洗いだけ入って、あとは喫茶店お茶飲んでました。

パンフレットだけ見て、満足することにした。

b0021101_20154771.jpg


ガイドさんによれば、以前は日本人韓国客がほとんどだったけど、最近の日中韓関係の悪化により、日本人が韓国へ行かなくなり、また日本に来ていた中国人が済州島に行くことになり、結果的に済州島は中国人だらけになっているそうです。最近の経済の発展に伴い、中国人がこぞってブランドもんを買いあさってるようです。中国人が一番嫌いなものがMade in Chinaだそうです。

済州島は食事が美味しいだろうと期待していましたが、ツアーで行くお店は限界があるようです。夕食は黒豚カルビ焼肉。美味しかったけど、わりと普通だったなぁ。そこは、結構有名なお店だそうで、以前は中国人は入れなかったそうですが、最近は、日本人観光客も減り、中国人も来るようになったとか。

一日目終了。この日は、天気もよかったので、そんなに疲れないと思ったけど、早朝に家をでたので結構つかれてバタンキューでした。
[PR]
by the_big_blue | 2013-05-14 21:20 | K-travel, gourmet