Super Show 5 @東京ドーム(最終日)7月29日

Super Show 5 @ 東京ドーム 最終日に行ってきましたので一応記録残します。

撮影が入っていましたが、普通はコンサートが始まる前にそのアナウンスが入るのに、今回はアナウンスがなくて(私が気づかなかっただけか?)、半分も過ぎたころ撮影が入ってますとウニョが言ってた。カメラ30台らしい。ソウルのSuper Show 4のDVDも出てないのに・・・・、日本って仕事早すぎ。だったら、KRYコンのDVDも出してよ!!!!


SS5は、イェソンが居ないので、行かなくてもいいと思っていたら、チケットが当選したので最終日だけ参加しました。イェソンがいたら、何がなんでも土日行ってたんだけどね。

東京ドームは、ものすごい人だかりで、暑くて行くまでに疲れてしまった。HEROエルプ盤はカンインだったし、みんなが持ってるうちわが欲しくて、Music Card を会場で買いました。うちわはドンヘでした。

そして、トランプに出てきたのは、リョウクとドンヘとウニョ。ウネペンだったらよかったのにね・・・、うまくいかない。

でも、イェソンがいなかったからこそ、他のメンバーの良さにも改めて気づかされたのが今回のコンサートでした。行ってよかったと思うし、だから、交換しないでキープします。こうして、ブログ書いてると、もやもやした気持ちがだいぶ整理されていきます。

持って行った双眼鏡も殆ど使いませんでした。座席は、1階の真ん中あたりで、良くはないけど、悪いこともない座席。最近ドームばっかりだけど、このぐらいならまあいいんじゃないかと思うようになってきた。いつもは生のイェソンを双眼鏡でガンミしてました。画面じゃなくて、生の姿を見たかったらです。だけど、今回は見る人がいないから、スクリーンばっかり見てました。今回はメンバーが10人いたけど、誰かを探すとかそういうこともしなかったので、楽だったなぁ。こういう見方もあるのねとある意味新鮮。


コンサート半分くらいまでは、イントロにはイェソンは消されてるし、歌もコーラスには残ってるかと思ったら入ってないし、なんだか部外者気分でしたね。気持ち複雑でしたよ。ですが、来日してもほとんど出番のなかったチョウミとヘンリーに活躍の場所が増えたのはよかったと思います。

といいつつも、私はMの歌は、新しいアルバムは殆ど聞いてなかったので、知らない曲が何曲がありました。二人が大歓声を浴びているのを見て嬉しい気持ちになりましたが、Super ShowなのにSJ-Mコンみたいになるのいやだなって相反する気持ちもありました。

やっぱり、イェソンのいない空白は、想像以上の大きかったし、あの声がないと物足りない!

だけど、居ないのは仕方ないし、Super Showはやっぱり、ハンパなく楽しくて、メンバーみんないい子ばっかりで、やっぱりSJペンはやめられないなと思った。イェソンが戻るまで、がんばって待とう。


今回は、イェソンペンの参加減ってる?映像にイェソンが出てきても、前のような爆発的反応がなかったんだよね。アメリカンコミックのヒーローが出てくるところのイェソンもスルーな感じだったけど…・。あまり知られてないとか?

ま、多くのイェソンペンがそうであるように、若干テンション低めで見てたんですが、そんな私がいきなり凍りついたのは、モクチのイントロが流れてきた時。そんな歌うなんて全く知らなかったから、衝撃的だった。ギュが歌いだし、真ん中のスクリーンにイェソンが出てきて、K+Rでモクチを歌ってくれたのだ!!嬉しくて、幸せで、涙が止まらなくて・・・。最後にイェソンの声が聞こえてきたときは、今日来てよかったと思いました。今、書いてても涙が出ちゃうよ。

ソウルの貼りますね。ドームは撮影禁止だから、ここには貼れないの。だけど、イェソンのツイッターから探してみてね。泣けるのがあるから。




リョウクが言ってたけど、ギュが、日本にイェソンペンが多いという事で、企画してくれたそうです。KRYも、全員が再び揃うまで、また時間はかかるだろうけど、新しいアルバムを楽しみにしてほしいと(KRYアルバムの話は消えたわけじゃないのね???)。その言葉もとても嬉しかった。やっぱり、KRY大好き。イェソンのパートをKRが歌ってくれてると、うれしかったし。

そんなわけで、途中から俄然、元気になった私です。

コンサートは終わった時は7時半で、約4時間。物凄いサービス精神だったし、メンバーがみんなかっこいい男になってるんだよね。今回も通訳さんがいてくれてありがたかった。これが、日本コンに参加するメリットですよね。私は、韓国歌が聞きたいので、日本語曲がこれから増えるのは正直あまり嬉しくない。みんな最初は韓国語の歌で来て、それからどんどん日本語曲だらけになるのが寂しいんだよね。SJは韓国曲を歌うアーチストとして残しておくれ~~。

盛りだくさんだったんだけど、メンバー別にちょっとずつ書きます。

ウニョがトゥギの代わりになって、仕切ろうと頑張ってた。だけど、やっぱりトゥギみたいには行かなくて、ついつい気になっちゃうカンインやシンドンの話とかぶったりしてけっこうグダグダ感ありました。通訳さん大変だったろうな。でも、SJはグダグダなところもらしいともいえるからね。真面目なウニョはとても男っぽくてかっこ良かったけど、私はちゃらちゃらしてる可愛いウニョも好きだったので、ちょっと寂しいような気もしたりして。

トンヘが最後の挨拶で、カンペ読まずに自分の言葉で一生懸命話そうとしている姿に感動しました。今までは、そんなことなかった気がするんだよね。これから日本語頑張るってまじめな顔して話しているのを見て、胸がいっぱいになっちゃたよ。ソンミンより絶対うまくなると思う(爆)。

ヘンリーははじめ英語で話そうとしたんだよね。”この前、ソロアルバムをリリースしたんだけど・・・”って英語で言ったら、周りがシーンとしてしまい、周りに、韓国語で韓国語でって言われて、韓国語になっちゃいました。ヘンリーの英語聞きたかったのに、残念です。最後の挨拶で、ソロ曲のTrapのさわりを謳ってくれました。もしかしたら、大阪ではソロ聞けるかもです。

チョウミも、大歓声を浴びて、すごくうれしそうで、日本語勉強したいって言ってくれて、うれしかった。Mでコンサートしたいみたいなこと言ってた。知らない曲だったけど、日本語歌がとてもうまかった。透明感のある高音がきれいです。

ソンミンは、大人気でした。あんまり日本語は話さなかった気がする。締まって(でも、腕はムチムチ)で、カッコ良くなってました。

カンインがアバラと痛めてしまったらしいです。まだ、おとなしくて、ジャイアンじゃなかった。痩せて、イケメンになってたぞ。まだ、本領を出してない気がするので、これからの活躍が楽しみ。最後にみんなで挨拶するので真ん中で集まってたのに、カンインがステージの端まで挨拶に回ってたら遅くなっちゃったんだけど、あわてて戻ってきたらリョウクがカンインの事をぶってて笑った。

シンドンが、また太ってた。他人とは思えない(爆)。トゥギがいない分、気を使ってくれてるのが分かった。イェソンからのメッセージということで”オゲンキデスカー”って言ってくれたのはうれしかった。

シウォンは、ドーム初日なんかあったのかな?2日目は、とってもご機嫌で、はじけまくってました。ここまでおちゃめだったかなと思った。やっぱり、ビジュアルは芸術的な美しさでした。腹筋が素晴らしかった(笑)。

リョウクは、やっぱり歌が素晴らしいです。女装も本当にかわいくて、リョウクは上がいなくなったことで、活躍の場所が増えてきたし、自分を表現するのがうまくなったと思う。リョウクが最後に1階の観客にタオルを投げようとしたんだけど、タッチの差で届かなくて、何度もやり直しをするも失敗続き。何回やりなおしただろうか。最後は会場から ”リョウクコール”が起きて、それで投げたらばっちりうまくいったのです。その時のリョウクの嬉しそうな顔ったらかわいすぎた。

ギュは、ちょっと顔がむくんでた?でもね、最後のサプライズで(Super Showのに100万人参加おめでとうの黄色い紙を用意)、メンバーが誰が用意したんだろう?っていったら、”Avex”って答えたり、相変わらずブラックでよかった。なんでもかんでも”ええじゃないか”って言ったり、じぶんのこと、”ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ”って紹介したり、面白すぎます。これで歌うときは別人だからそのギャップが魅力です。


ステージは割とシンプルで、今回は回らないステージだから、自分たちでぐるぐる回って歌ってたのが面白かった。他にもいろいろあったけどこのへんで。

Super Showはとっても楽しいです。イェソンがいると200% 楽しい。だけど、イェソンいないと、楽しさは半分。それでも楽しさ100%。今回は、イェソンがいなかったからこそ見えたものが沢山あった気がします。


さてと、京セラはどうしよう・・・・。

<追記します>

リョウク、ギュ、チョウミ、ソンミンが歌った日本語の歌。知らない曲だったのですが、はるみとまこさんより、”いのちの歌”だと教えてもらいました。コンサートの時は歌詞が聞き取れなかったのですが、改めて聞いてみたら、歌詞も素晴らしく、そしてそれを歌い上げる4人の声が本当に素晴らしくて・・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2013-07-29 23:52 | Super Junior