オリジナルサウンドトラック: オペラ座の怪人

b0021101_1540270.jpgいま、オペラ座の怪人 オリジナルサウンドトラックを聞いています。

私の持っているのは1枚組みなので、ちょっと物足りないかな。映画のCDだけ買うなら2枚組みをオススメ。でも、他のキャストのをかうなら、そちらを2枚にして、映画は1枚でいいかも。クリスチーヌとラウールは舞台のキャリアもあるし安定しているので安心して聞ける。でも、ファントムは、音痴だぁ~~。音楽という観点で選ぶならやっぱり”オリジナルロンドンキャスト”でしょうね。

映画のファントム(ジェラルド・バトラー)は歌がすんご~く下手かも・・・。映画を見ているときは顔とスタイルと雰囲気に目と心を奪われて気付かなかった(というか、認めたくなかった)。一番の盛り上がりポイントの"Point of No Return"あたりでは、熱唱(熱演か?)に涙して感動しておりました。歌は下手だけど、映画のファントムは美しかったから許す。アントニオ・バンデラスでなかったから許す。映画、舞台、CDとそれぞれのよさを楽しむことにしましょう。なんたって舞台じゃ、泣くファントムの涙は見えないからね。

カルロッタを演じるのミニードライバーは嫌いだったけど、最後に流れる ”Learn to be lonely" はいいぞ。詩が泣かせますね。ALWってあんな眉毛を筆でくろぐろと書き足したような顔をしたおじ(い)さんだけど、すごくロマンチックな歌を書くんですよね。本当はこれはファントムの歌なんだろうけど、歌の出番がなかった彼女に花を持たせたのかな。でも、ジェラルド君の歌たど、これまたストレスたまりそうかおね。JOJが歌ったらどうなるんだろう。

<<Learn to be Lonely>>

♪ Child of the wilderness
Born into emptiness
Learn to be lonely
Learn to find your way in darkness

Who will be there for you
Comfort and care for you
Learn to be lonely
Learn to be your one companion

Ever dreamed out in the world
There were arms to hold you?
You’ve always known
Your heart was on its own

So laugh in your loneliness
Child of the wilderness
Learn to be lonely
Learn how to love life that is lived alone

Learn to be lonely
Life can be lived
Life can be loved
Alone♪
[PR]
by the_big_blue | 2005-02-27 23:49 | POTO-JOJ, Gerry