オペラ座の怪人パーフェクトガイド

b0021101_15442150.jpg
毎日ファントムづいています。 オペラ座の怪人 パーフェクトガイドのこと書いてなかったので、書きますね。

本屋でみて、迷わず購入。DVDがおまけについています。監督、ALW、俳優やスタッフインタビューや、製作秘話も載っていて(字幕はないので、本の翻訳参照となります)うれしい内容です。映画見る前にDVDをみちゃったので、見ないほうが映画見たときの感動が大きいかもしれません。

翻訳本3種類の比較、オペラ座の怪人を元にした小説の紹介(スーザン・ケイの"ファントム"は良く出来てるんだけど、結末がどうしても許せない~)、いろんなバージョンのオペラ座の怪人の特集は読み応えあり。この本とDVDは映画を見る前にみても楽しめますが、映画を見た後も、楽しめます。

特に、これを買うにいたった決定的ポイントが2つ。

1. ちょこっと劇団四季情報が入っている。
ほとんど気持ちだけ載っている感じですが、四季版にも興味がある人はうれしいかも。主演3人の顔も拝めます。四季版は、ハロルド・プリンス演出なので、あのロンドンの劇場版と基本的に同じはず!だとおもうと公演が待ちきれん。

2. マイケル・クロフォードとサラ・ブライトマンの映像が見られる!
きゃー!あたしゃ、これが見たいがために買ったようなものです。
ALWと監督のインタビューの間にちょっと挟まって出てくるもので、映像自体はものの15秒ほどですが、当時のロンドンキャストの2人の姿が見られるのは本当に垂涎もの。プロモーションビデオの一部のようです。全部みられるものなら見たいけど、映像はのこっていないのでしょうか?

このほかに、文庫本(前に読んだ角川版が気に入ったので)と、原書のフランス語版じゃないんですが、英語版ペーパーバッグも買っちゃいました。これは積ん読(つんどく)のではなく、ちゃんと読まなきゃね~~。これから、あともう一冊ゲット予定。入手したら紹介しますね。
[PR]
by the_big_blue | 2005-02-28 14:29 | POTO-JOJ, Gerry