SMアーチストによってあらためて知る日本の歌の良さとか

昔からあまり日本の歌を聴かないできました。英語もわからないのに、洋楽ばっかりきいてました。今も、韓国語は分からないけど、韓国語の歌ばっかり聞いてます。

日本語の歌をなぜあまり聞かないのは、なんででしょうね?日本語云々以前に、大好きな歌手がいなかったのもあるし、声とメロディで選んでしまう傾向があるからかもしれません。歌詞がわかると逆にウザイと感じるからかもしれません。そんな私は、外国人の歌う日本の歌で、日本の歌の素晴らしさを感じています。

スパショ5はイェソンが居ないのに、東京1回、大阪2回も行ってしまいバカだなと思ながらも、”モクチ”と ”How am I supposed without you”を聞けたから満足してます

いのちの歌(SS5東京で初めて知った曲で、その時は上手いねで終わったんですが、あらためて聞いたら、歌詞のすばらしさと、その表現力の豊かさに思わず涙が出てくるのですよ・・・。これ、ファンカムじゃないから載せちゃう。



千の風になって(もともと歌ってる人が苦手で見るだけでダメでこの歌をちゃんと聞かないでいたのですが、彼らの歌を聞いて、この歌の素晴らしさに気付かされました。



あと、リョウクのソロの三日月も最高。だけど、ファンカムしかないから載せられない。検索して見てみてね。


これは、ファンカムだけどマカオだから載せる。絶対最後まで見てください。たまに、コンサートで上手すぎて口パクかなと思う時あるんですよ(ほんとに口パクもあるけど。)だけど、彼らの生歌素晴らしいですよ。チョウミの声って、とても素敵だと思う。もっと、チョウミが活躍する場所を作ってほしいな。


ハプニングで、リョウクの機転の良さと、彼らの実力があらわになりました。


SMTOWNは楽しいお祭りだけど、ダンスばかりでなく、ちゃんと歌える歌手が沢山いるんだから、バラードを聴かせる企画とかにも力いれてほしい。


なんども書くけど、KRYとかさ。
[PR]
by the_big_blue | 2013-12-03 22:59 | Super Junior