ナショナルシアターライブ "フランケンシュタイン" 見てきました (ベネ博士 ver.)

今日は、珍しくフレンチのランチをして、これまたひっさしぶりにカラオケに行って、歌を全然歌わず東方神起の映像ばっかり2時間見て、それからオープンしたばかりのコレド室町で、ナショナルシアターライブの”フランケンシュタイン”をみてきました。最近、フランケンシュタインがマイブームです。

時間が無くて、映画館しか行きませんでしたが、時間があったとしても凄い人でぐったりしそうです・・・。
b0021101_22281370.jpg


これから2カ月に1回ナショナルシアターの演劇が字幕付きで日本で見られるようです。英文科じゃないので、シェークスピア等について良く知らないので、これを機会にちょっとずつ知りたいなと思ってます。
b0021101_22281330.jpg


今週は、ベネディクト・カンバーバッチがフランケンシュタイン博士、来週は怪物を演じます。字幕付きでよかった。たとえイギリスでこの舞台見ても、感動すると思うけど、セリフが理解できないからとても助かる。たまにすごく簡単なセリフは理解できる時がありましたが、理屈っぽいセリフや、抽象的な話だったり、文学の引用などがあるとさっぱい理解できないので助かります。ですが、翻訳者は日本人ではないようです。ありえない漢字の変換間違いとか、たまにへんな日本語がありました。

直前にこの上演のことを知ったので前から2列目。コンサートなら狂喜乱舞で最高の席ですが、映画はかなりきつい。満席。ほとんど女性でした。カンバーバッジさんのファンかしら?ちなみに私は、カンバーバッチさんは良く知りません。

すごく深い舞台でした。上手く伝えられるボキャが無いです。2時間の舞台ですが、初めに National Theaterの紹介や、脚本家や監督さんのインタビュー、リハーサルの映像ちょっとあって面白いです。怪物役のジョニー・リー・ミラーさんは、映画”ドラキュリア”でみた時は顔もイマイチだし、ひょろひょろの微妙な印象でしたが、舞台でみたらがっちりしていて別人のようでした。

ほとんどパンツ一丁姿の、フランケンシュタインのつぎはぎメイクでの大熱演。自分の2歳の子供を見て参考にしたと行っていました。生まれたばかりの人間は起きあがることも、歩くことも、掴むこともことも出来ないけど、だんだんといろんなことができるようになる。怪物も博士によって生み出されたものの、最初は起きあがることも出来ない。そんな彼が、人間としての基本的な動きを見につけていく出だしの演技は素晴らしくて、最初から引き付けられました。

”オペラ座の怪人”と重なる部分があるなと思いながら見てきました。まっさらで生まれてきて、努力して教養も身につけ、良い人でありたいと思っているのに、周りから醜さがゆえに嫌われ、拒否され、裏切られ、だんだんと恨みや復讐心を心に育てていくようになる。愛されたいのに、愛したいのに上手く行かなくて、孤独で哀れな怪物。結局、殺人を犯すようになり、心も怪物になって行く所がとても重なると感じました。

切ないお話です。自分を生み出したフランケンシュタイン博士からは、名前さえも与えられず、愛されたかったのに愛されない。博士自身も、人からの愛情を拒否して自分で人を愛するやり方が分からない人間。ある意味、怪物と似た者同士。

ミラーさんの、子供が成長して行くように、人間らしさを見につけて行く姿はとてもかわいらしく、切ないです。人を創造するのは神の領域ですが、人造人間を作り上げようとする博士には、ジレンマ、罪悪感、野心、自己満足、功名心、エゴ、医学の為と言う建前など複雑な気持ちが混ざっています。原作は1818年に書かれたゴシック小説ですが、その内容は、現在のクローン技術や再生医療等、いま、科学の力で神の領域を超えようとして倫理との葛藤が問題になりつつある現代世界にも通じるものだと思います。

脚本家さんが、いままでの怪物は言葉を発しなかったが、この舞台で怪物にに言葉を持たせたかったと言ってました。怪物の思いを焦点にした演劇、非常に重いけど面白かったです。

b0021101_11123867.jpg


ナショナルシアターは行ったことないですが、こじんまりとした会場のようでした。小さい舞台で、円形のぐるぐる回る舞台もシンプルながら凝っていて、照明や、舞台セッティングもとても凝っていました。会場の中に通路があったりしたし、ライブシアターでは下からだけのアングルではなく、上からも見られるのでとても面白かったです。

来週は、カンバーバッチ怪物バージョンみてきます。見比べるのが楽しみです。
もし、ご興味のある方、まだチケットあるようなのでいかがでしょう?
[PR]
by the_big_blue | 2014-03-29 22:28 | Entertainment