カミツレ(カモミール)を使って

昔、カナダにいたときに、風邪をひいたら、カモミールティを飲みなさいって出された。
そのときは、なんか気持ち悪い甘いお茶だなぁと思いました。
それが最初のカモミールとの出会い。

それからアロマやハーブに興味を持つようになり、カモミールがとっても有名なハーブだということをしりました(日本名はカミツレ)。
あの甘さはりんごの味と評されるようですね。
エッセンシャルオイルはほしいのですが、かなり高価なので、まだ買えません。

たまに、石けんでシャンプーをするときは、お酢でリンスしていますが、その時登場するのが、お手製のカモミールリン酢です。
ドライハーブ(カモミール)を酢に3週間ぐらいつけこんで漉したもので、お湯にお猪口2杯分ぐらいをとかして、リンスします。時間が経つとお酢の匂いは、マイルドになってきますが、お風呂場にお酢の匂いが漂います。私は、リンスした後、お湯で流しちゃうけど、なれればそれもまた楽しい。他にも、もらったハーブティ(ペパーミント、ラベンダー、ローズヒップ)などでもリン酢をいろいろ試して作ってます。熟成に時間がかかるので、ちょこちょこ作ってます。

半年位前に美白やクマに効くという、カミツレ美白美容液を作りました。
レシピは、生活の木のショップにおいてあったレシピです。
純米酒にカモミールを漬け込み、グリセリンカリ液をまぜるだけ。
しかし!匂いがすごーーーいのですわ。
毎日使うには匂いがすごすぎるので、出かけない休日などに使っています。
だから、効果はまだ不明。
また、経過良ければ報告します。
[PR]
by the_big_blue | 2004-09-09 23:25 | hand-made, cooking