房総へ春探し: 一日目 (伊予ケ岳と富山ハイキング) 

土日で房総へ春を探しに行ってきました。
メインの目的は、ハイキングです。先日買ったトレッキングシューズの足慣らしも兼ねて、低山を2つ登ってきました。低い山ですが、冬のなまった体からのウォーミングアップのハイキングにはぴったりの山でした。

朝、6時に車で家を出て、7時に千葉駅で友達をピックアップ。道もすいていたし、君津まで高速を使ったので(木更津南で下りたほうが便利だった)、思ったより早く着きました。最初の山、伊予ケ岳は、内房の鋸山を過ぎてすこし内陸に入ったところにあります。登山口の神社の駐車場に車をとめて登り始めたのは9時50分。一番のりだったようです。房総って遠いと思っていたけど、結構近いんですね。これからのシーズン、軽くアウトドアを楽しむにはいいかも。新たな発見でした。

>伊予ケ岳
b0021101_19361698.jpg
千葉県で唯一岳という名前の付く山です。標高3336mじゃなくて、一桁少ない333.6mメートルでした。往復で一時間10分程ですが、その分傾斜がかなり急で苦しかった。上は鎖場になっていて、鎖につかまりながらでないと登れません。風がとても強く、吹き飛ばされそうでした。頂上から見えたのは、次に登る富山です。二つのピークが見えます。

b0021101_19382279.jpg


>富山(とみさん)
b0021101_19471678.jpg

伊予ケ岳から尾根を伝い富山に行くこともできますが、車があるので一度下山して、富山へ別途向かいました。登る前のお楽しみあの”南総里見八犬伝”にでてくる、伏姫と愛犬が隠れていたという籠穴です。八犬伝はフィクションですが、山の中にぽっかりと空いた洞窟を見ると想像力をかきたてられてわくわくしちゃいます。洞窟とか地下とか屋根裏とかそういうの大好きなんですよね~~わたし。
b0021101_19472882.jpg

籠穴をみてから、富山のハイキング。往復1時間45分ほどのハイキング。60代と思われるハイカーにも沢山出会い、負けてはいられません。伊予ケ岳にくらべると緩やかな登りの分、距離が長い。頂上は暴風が吹きすさぶなか、お昼を食べました。ガスバーナーでお湯でも沸かしたかったけど、とてもそんなことが出来る状態ではなかった。でも、富士山を眺めながら食べるおにぎりは最高でした。

下山して、The Fishというお土産屋さんや、道の駅などをぷらぷら。ホテルは白浜になるのですが、隣の千倉に映画”グラ・ンブルー”のモデルになったジャック・マイヨール氏のお気に入りのペンションがあったと思ったので探しに行きました。以前は"グランブルー・イン”というなまえでしたが、今は名前を変えて営業していました。洋風のこじんまりしたところでしたが、ちょっとイメージが違いちとがっかり。
[PR]
by the_big_blue | 2005-03-13 20:04 | travel, diving, ovtd