タイムライン (ジェラルド・バトラー)

ジェラルド・バトラーつながりで、借りてきたDVD”タイムライン”を見ました。

原作はこちらタイムライン(上下)マイケル・クライトン作

監督は、”グーニーズ”と同じ、リチャード・ドナー。グーニーズ好きなので、ちょっと期待が高まります。すでに、これを見る前に、原作も読みました。上下巻あるのですが、面白くて一気に読みました。ちょっと難しい科学の部分は、斜め読みしましたけどね。秘密の地下道とか、中世の戦争とか、建物などがどのように映像化されているのかすごく興味しんしんでしたが、ちょっとがっかり。DVDをみた感想を一言で言うと、「DVD買わなくてよかった~~」です。

原作でも、ジェラルド・バトラー演ずる考古学者"アンドレ・マレク”は一番かっこよい役です。映画の中でも、一番素敵でした。でも、魅力度の高さで言えば、”ドラキュリア”のほうが彼の怪しい魅力が出ていました。映画では、原作の内容をかなりはしょってあり、からみあった人間関係がシンプルに整理されてしまい、単なるドキドキするタイムマシン話になってしまっています。原作が面白い分、それを映画では表現しきれれず、陳腐なラブストーリー仕立てになってしまっているのが残念。"レイダース"みたいにドキドキもラブストーリーもばっちりならいいのですが、出演者がイマイチ役不足か。主役の兄ちゃんは、顔がきれいなだけだし、教授は頼りないじいさん(原作ではもっと威厳がある)。特に最悪なのは女性陣。この人なら仕方ないと思わせるような女性を使ってくれ~~。レディ・クレアのどこがいいんじゃぃ。ということで、星満点5つのうち、★★。

ちなみに、もう一つレンタルしていた”トゥームレイダー2”は、DVDが不良品で読み込めず。見ることが出来ないまま返却しました。でも、あんまりおもしろくなさそうだから、見ないかも。

05/03/29追記
トゥームレイダーには特典映像があって、別の結末が用意されているそうです。レンタルしたときは気づかなかったけど、真夜中だったのであまりよく覚えいません。また、これも"ドラキュリア”のように特典映像の為に、またレンタルする羽目になりそうです。
[PR]
by the_big_blue | 2005-03-13 23:38 | POTO-JOJ, Gerry