韓国ドラマ: ゆれながら咲く花(原題: 学校2013 )

”揺れながら咲く花” 全23話(オリジナルは16話か18話のようです)を見ました。最近、K-POPをあまり追いかけていないので、結構ドラマを見る余裕が出来ました。



"相続者たち"のキム・ウビン君をみてかっこいいなと思い、彼が注目された作品というこのドラマを見たいと思っていたら、タイムリーにBS11で放映がありました。

高校を舞台にしたドラマです。といっても、花男みたいな楽しいドラマではなく、どちらかといえば金八先生系です。問題のある生徒が集まった高校2年のあるクラスを担任することになった
二人の教師と生徒たちを中心に進学、家庭問題、人間関係について悩める姿を描いています。日本でのタイトルの”ゆれながら咲く花”というのは、ドラマで出てくる実在する詩から取ったものらしいです。

学生、教師、親、家族といろいろな視点からドラマを見ることができるので、だれが見ても興味深い気がします。

チャン・ナラさんはこのドラマで初めて見ました。ちっちゃくて可愛いですね。
全く私と正反対のタイプだ(汗)。役柄も良かったし、一生懸命頑張る先生役を好演していて良かったと思います。

チェ・ダニエルさんは、もともと好きな俳優さんだったので嬉しいです。
頭が良く、クールで生徒とは距離を置きたい先生役がとても似合っていました。
実年齢は若いんですよね。

ドラマだから仕方ないとは思いますが、同じ高校のクラスにソウル大学を目指す子と、バリバリの不良(死語)やちゃらちゃら遊んでばかりいる子たちがいる事はあり得ないとは思うんですけど、話をドラマチックにするための設定かな?ただ、これは国民性もあるのか、ちょっと理解を超えた性格の生徒と親が多かった。でも、今の日本もこんな感じなのかしら?

ただ、勉強さえできれば、一流大学にさえ入れれば何をやっても許されるのか?
教師も、専任と臨時教員とか、独裁的な校長とか、言うことを聞かない生徒や理不尽な親への対応とか、大変だと思います。やりがいがある仕事と一言では片付けられない。生徒も先生も悩んでいるのですよね。

自分が学生の時は、生徒目線でしか見ていなかったけど、大人になると自分の先生たちもぞれぞれ悩んでいたのだなと今頃思ったりしました。


b0021101_013563.jpg


ドラマ自体も面白いですけど、学生役の学生たちが魅力的でした。
イ・ジョンソクくんとキム・ウビン君の二人はモデル出身だけあって並ぶと半端なく美しい。高校生には正直見えませんが、二人が居るとドラマのレベルがぐぐっと上がるような気がしました。二人の友情の話がとても良くて、泣けた。ジョンソク君は、シークレットガーデンの時は苦手だったのですが、このドラマを見て印象が大きく変わりました。弱そうで強い主人公がぴったり。

ウビン君はこのドラマで注目を浴びたそうですが、確かにインパクト強い!でも、他の作品でも同じキャラなので今後は違う面も出していけるといいなと期待しています



チンピラ3人組みの学生がいるのですが、そのリーダー格の俳優さん(クァク・ジョンウク君)が非常に印象的でした。Infiniteの初期メンバーだったというのですが本当ですか?救いようがない位悪い奴なんですが、憎めないんですよね。ウビン君が転校してきたら一瞬霞んだかのように思われたのですが、このチンピラ達とモデルコンビの絡みも面白かったです。根は悪くない子ように思えるけど、素直になりたいのに生活環境の問題もあって素直になれない彼が心配です。ドラマでは結局最後がどうなったのかは描かれていません。

出演者の中で、生活指導の先生が頼もしくて、堂々としていて素敵な先生だったのですが、同時に見ていた”星から来たあなた”でチョ・ジヒョンから逃げていった情けないお父さんと同じ俳優さんだったので、ちょっと混乱しました。韓国ドラマ、お父さん、お母さん役の俳優さん、数人でまわしてるんじゃないかと思うぐらいかぶりますよね。



このドラマは、真面目で、熱くて、ムカついたり、感動しつつもイケメンも楽しめるというおまけもあって、私は好きなドラマでした。5点満点で★★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2014-08-25 07:13 | K-POP, drama, movie