映画: マスター・アンド・コマンダー(ラッセル・クロウ)

この前、アカデミー賞授賞式のビデオをみまhした。今年のと、去年のと。友達から借りたまま、ずーーーーっとみてなかったのだ。いい加減返さないと友情にヒビが入るかなと思いまとめて見ました。そこで、気になったのがこの映画。マスター・アンド・コマンダー。10部門にノミネートされていましたが、自分的にはノーマークだったので、見てみることにしました。

主演は、ラッセル・クロウ。グラディエーターのワイルドな印象があります。監督は、"今を生きる”のピーター・ウィアー監督。この映画好きだったなぁ。ラッセル・はいいときと、悪いときの差が激しい。でも、最近も新しい映画で、監督ともめて監督が降りて、代わりに自分が監督すると言ったのに結局投げ出して辞めたという話を聞きましたが。

見始めたんだけど、ちょっと用事が出来て中断。
見終わったら続きかきます。

3/30(水) 
また初めから見直し始めたんだけど、全然映画に入り込めない・・・。あまりに世界が違いすぎるからか?前回も、集中できず気が散ってしまった。

ラッセルクロウがイギリス艦の艦長で、フランスの武装線に戦いを挑む。事件はそこそこ起きるのですが、淡々と流れていきます。静かに戦うという感じ。入り込めず、しまいには映画の画面を小さくして、開いたスペースで、ネットサーフィンやりながら見てたらどんどん話が見えなくなってしまった。

最近の映画はCGでスピードが早い。そういうのに見慣れているせいか、ナポレオンの時代のアナログで何でも手動の時代のテンポに見るほうが忘れてしまったのかもしれない。
しかし、3分の2からだんだんこの映画のテンポに自分が慣れて来たようです。アクションの要素あり、友情あり、カラパゴス探検紀行あり、なんとな~くというか、やっとこさ盛り上がりを見せます。しかし、特に心に訴えるものなし。ラッセル・クロウにはみんなをまとめるようなまともな役は似合わない。ひらひらのついたブラウスも似合わない(笑)彼には、ちょっと切れた、わがままな一匹狼でいてほしい。

ということで、5点満点の★★

さて、もうj12時だ。今からお風呂。見たい映画がたまりすぎている。不眠の日々はしばらく続きそう。
[PR]
by the_big_blue | 2005-03-27 21:34 | Entertainment