映画: フランケンシュタインの逆襲 (クリストファー・リー & ピーター・カッシング)

"フランケンシュタインの逆襲”

あまりにチープな題名にのけぞります。原題は”The Curse of Frankenstein"
”フランケンシュタインの呪い”・・・。これもかなりチープ゚だ。ホラーは見ない私なのに、なんだか変な方向へ進みつつあります。流れとしては下記の通り:

オペラ座の怪人→ジェラルド・バトラー→ドラキュリア→バン・ヘルシング→ブラム・ストーカーの吸血鬼ドラキュラ→ハマープロダクションの吸血鬼ドラキュラ→ハマープロダクションのフランケンシュタインの呪い  

といった流れでここに行き着いています。多分、一旦ドラキュラ路線は途切れると思います。コッポラのドラキュラはあまりそそられないから。

この映画は、先日みた"吸血鬼ドラキュラ”と同じピーター・カッシング(フランケンシュタイン男爵)クリストファー・リー(怪物・creatureと書くんですな)との組みあわせ。これで成功して、ドラキュラを作ることになったとか。これはハマーフィルムのホラー映画第一弾。第二弾がドラキュラだったんですね。1957年の作品。ワーナーのサイトを見たら”ホラーの名門ハマー・フィルム その名を一躍世界に轟かせた歴史的名作が今宵、DVDで蘇る--”とありました。タイ、ハングル、インドネシアの字幕が付くのがスゴイ!

フランケンシュタイン男爵の回想から始まります。
人造人間を作る話なので、たまにグロイところがあって、ちと気持ち悪いかも。ピーター・カッシングの白い肌と薄い青色の冷たい目は、研究に燃えるあまり善悪の区別が全くつかなくなった役にはぴったり。友人のポールが彼を正しい道に戻そうとしますが頑固な男爵は聞き入れません。映画の半分でとうとうcreatureが出てきます。これは結構怖い!背が高いからかなり迫力があります。と思ったんだけど、見てるとかわいそうになってきました。頼りなげで、寂しそうで、不安そう。哀愁を誘う怪物です。わけも分からず作られちゃった感じ。あまり出番はないけれど、演技としては印象に残ります。


そういえば、ラウールも怪人のことをこう評していましたね。
”Genius has turned to madness...."

まさにこの映画を言い当てていますね。
5点満点でいうと、クラシックということで★3つにかなり近い★★1/2かな。
[PR]
by the_big_blue | 2005-04-08 00:10 | Entertainment