この夏期待の ”ディアー フランキー”(ジェラルド・バトラー)

b0021101_16244170.jpgオペラ座の怪人に続くGerard Butlerの次の劇場公開映画、”ディアー・フランキー”は東京だと渋谷のBukamura、有楽町のシネカノンで夏に公開されるみたいですね。正式な日にちはまだ決まっていないのかな?ただ、都内でさえ数館の上映の模様。全国だとどれだけの映画館で上映されるのかしら。アメリカでも低予算映画なのに100館で上映されているそうなので、これだけファンがいるんだから、全国展開してもやってもいけるとおもうんだけどなぁ。

とりあえず、我慢できない人はUK版DVDが5月23日に出ますので、これを買えば、先に見ることが出来ますね。US版DVDは確か7月に出るはず。UK版を見るには、PAL対応のDVDプレイヤーかPCが必要だし、US版をみるには、リージョンフリーかリージョン1対応のDVDプレイヤーが必要ですね。

今企んでいるのは、Dear FrankieのDVDと一緒に欲しいDVDをAmazon UKでまとめて買おうと思ってます。配達ごとに手数料がかかるから、まとめた方が得ですからね(この他にアイテムごとに手数料もかかる)。でも、あと一ヶ月も待てるかは自信がないんですけどね。いつも、Amazonでショッピングカートのボタン、押してはキャンセルしている葛藤の日々。

とりあえず、今日はベーオウルフの岩波文庫版と、The Making of Pride and Prejudiceをアマゾン(日本)で注文してしまった。最近、カードの請求書が怖いんです。
[PR]
by the_big_blue | 2005-04-21 02:22 | Entertainment