ディアゴスティーニ 週刊アロマテラピー & ナチュラルライフ

ディアゴスティーニという会社は本当に不思議だ。
毎週か隔週で、ある特定のテーマに基づいた冊子を一定の期間出し続ける。
いま、本屋で目に付くのっていったら、漢方ライフ、PCライフ、幸せCooking、トレジャーストーンなどなど。おまけ付きのシリーズも魅力的。

最初の10号ぐらいまではみんな買うだろうけど、それから後はだんだん部屋にかさばってくるし、お安くないから(500円前後?)購読者数はだんだん尻すぼみになるはず。
最後までコンプリートする人がどれだけいるのだろうか?
会社はこれで儲かるのかな?
ただ、ちょっと知りたいな、ちょっと勉強したいなという人の心をくすぐるんだよね。

週刊アロマテラピー&ナチュラルライフは、つい買ってしまった。
だって、ヨガとかリフレクソロジーのような自然療法も特集するっていうから。
一度買うと、続けて買わなければならないような脅迫観念にかられ(苦笑)、15号までかえば、全員プレゼントでアロマランプがもらえるのでそこまでは買った。
アロマランプはすでに3つもっているのにね。
それからあとは好きなのだけ買っていて、現在30号。
当初の噂では60号まで出るとか出ないとか?

今までのラインアップは、

ラベンダー、ローズマリー、カモミール、ペパーミント、マンダリン、ユーカリ、グレープフルーツ、ゼラニウム、イランイラン、ベルガモット、マジョラム、パルマローザ、ぺチバー、レモングラス、パチュリー、ジュニパーベリー、サンダルウッド、ローズオットー、プチグレイン、ジャスミン、パイン、サイプレス、ティートリー、ヘリクリサム、ブラックペッパー、クラリセージ、シダーウッド、メリッサ、フランキンセンス、ジンジャー、そして次がフェンネルと、ネロリ。

HPを見る限りこれでオイルは終わるみたい。
この後も珍しいオイル(エレミ油、フランジパニ)などを扱うのかと思いきや、ブレンドとかそっちに走って半分を終わらせるみたいです。

ああ、考えたくないけど1万円以上はこのシリーズに使っている。
それなりに面白いけど、内容が非常に広く、とっても浅い。
また、翻訳物なので、聞いたことのない材料が一杯出てくる。
どうやって日本で手に入れるんじゃ~。

おまけに、日本ではエッセンシャルオイルは、ラベンダーぐらいしか直接つけたり、内服しないのに、直接塗ったり、うがいしたりというレシピが載っているのだ!
フランス系アロマテラピーがベースになっているのかな?
しらない人が試しちゃってもいいのかなとちょっと怖い。
しかし、1万円あれば、もっとちゃんとしたアロマの本かえたんだけどねぇ、ついディアゴスティーニの術中にはまっちゃったよ。
[PR]
by the_big_blue | 2004-09-15 11:38 | hand-made, cooking