北東北へのいきあたりばっ旅 (1日目- 4月29日) 八幡平

GWは、岩手(遠野)の友人を訪ねてきました。時間節約のため、池袋ー花巻の往復夜行バスを使います。夜行二泊、現地三泊の6日間の旅。
木曜の夜会社が終わってから出発。同じ、アウトドア好きの友人と2人で向かいます。のんびりとおしゃれな旅では全くないです。お化粧どころじゃない、ファッションどころじゃない、ひたすら山歩きの旅なので、かなり疲れもしますが、ガイドブックには載っていないような秘境へも行ける愉しみがあるのですね。

b0021101_2032844.jpg渋滞もなく、無事花巻駅に朝6時ごろ到着。友達が迎えに来てくれる間に、朝ごはん。立ち食い蕎麦ファンにはたまりません。駅の構内にあるおそばやさんで”めかぶそば”。390円也。やはり、汁の味が全然違います。東日本ではあるけれど、関東風の黒いお醤油のきいた汁ではなく、お鍋のだし汁のような味。今日は、岩手の北の八幡平を目指します。

b0021101_20302672.jpg岩手と秋田の境界線に位置する八幡平(はちまんたい)は十和田・八幡平国立公園の中にあります。紅葉の季節は葉っぱの色とりどりのグラデーションが本当に美しいところです。この時期に訪ねたのは初めてで、雪をかぶった全く違う姿にビックりしました。関東はもう春ですが、東北はまだ冬なのですね。ちょうど、山開きの日だったようで、頂上近くのドライブインで神主さんを呼んでセレモニーの真っ最中。我々は頂上を目指します。雪の上は歩きにくい。何度も、腿ぐらいまでずぼずぼとはまりながらやっと頂上へ。あたりは一面真っ白。山スキーをしている人も見かけます。雪がちょっと茶色がかっている場所があったのですが、なんとそれは大陸から風に乗ってやってきた”黄砂”だとのこと。びっくりです!


b0021101_20415521.jpg八幡平の頂上の後は、二戸郡にある”稲庭岳”〔標高1078M)へ移動して、初スノーシュー体験です。スノーシューズの略で、昔でいう、”かんじき”ですね。これがあれば、ずぼずぼ埋まらずに雪の上を歩くことが出来ます。八幡平では何度も埋まって苦労しました。私のこの前買ったばかりのNIKEのトレッキングシューズと記念写真をパチリ!確かにこれがあると、グリップが良くなり歩きやすい。楽しい雪上散歩を楽しめました。

b0021101_20512286.jpg
登りはなだらかで30分ちょっとで頂上につきます。頂上からは八甲田山、七時雨山、八幡平、岩手山、折爪岳といった山々のパノラマ風景が楽しめます。一番面白かったのは、帰りにビニール袋をお尻に敷いて、滑りながら帰ってきたこと。小学生のとき、ダンボールを持って江戸川の土手すべりをして遊びましたが、まさにそれ以来って感じ。いい大人が3人、お尻にビニールしいて、冬山を滑り降りる~~。お尻はもうびしゃびしゃになっちゃうし、冷たくて大変だったけど、すっごく楽しかったな!
[PR]
by the_big_blue | 2005-05-03 20:56 | travel, diving, ovtd