北東北へのいきあたりばっ旅 (2日目- 4月30日)北宮城

昨夜は遠野の友人宅に泊めてもらいました。夜ごはんは、ジンギスカン。こっちの人は、よくラムを食べるそうです。私が野外活動の師匠?と仰ぐ友人(一応女)は、今年になってすでに35回も山に登ったそうです。おいおい、ほとんど毎週じゃないですか。ほんとタダではないのです。

b0021101_21244648.jpg二日目は、昨日は北岩手にいたはずなのに、今日は南下して、宮城県に向かいます。途中に見える北上川の大きさにびっくり。盛岡で見たときは、もうすこし小さい川だったのに。友人の山友達さんも途中合流して4人での珍道中。最初に目指すは、宮城県東北部の津山町にある"翁倉山”(おきなくらやま)です。天然記念物イヌワシの生息地として有名だそうです。民家を過ぎて林道の中を結構入ったところに登山口があります。いきなりの鎖場でびっくり。532.4mの山ですが、かなり距離もあるし、傾斜もきついです。昨日は雪でフリース着てたのに、今日は暑くて、Tシャツ一枚でも大丈夫。もちろん頂上付近は気温が下がるので、温度調節が大切。登りはかなりきつくて、1時間ぐらいかかりました。頂上から海が見えてびっくりしました。山の上で食べるご飯は美味しい!頂上にはかわいらしい祠がありました。

b0021101_21163845.jpg

翁倉山頂から見える志津川湾



b0021101_21282677.jpg翁倉山を降りたら2時近く。さて、これで宿へ向かってのんびり・・・なーんてことを許してくれる師匠じゃござ~せん。もっとも、今夜どこに泊まるかさえ決まっておりません。次なる目的地は、硯の産地・雄勝町にある”硯上山”(けんじょうさん)でございます。車で1時間弱ほどで登山口。ここできれいな桜に出会いました。東北の春は関東より一ヶ月位遅いので、今年は2度桜を楽しめてラッキーです。

こちらは520mほどの山ですが、同じ高さでも、先ほどの翁倉山とは全然違って、なだらかな道がずっと続きます。ラクで、道も良く整備されていて、眺望も良いのでハイキング気分で楽しめます。登りは40分もかかりません。海側の風景を眺めながら登ってたら頂上に着いちゃう感じでしょうか?自分が神様になって下界を見下ろしているような気分になりました。霞がでていて、写真を撮ったのですが、あまりはっきり撮る事が出来ず残念。

下山したときは5時半頃。泊まろうと思っていた、麓にある森林公園のキャンプ場は管理人さんの帰った後でした。キャンプ場を探しましたが、周りには全然無いし、いまさら遠野には戻れない。キャンプ場に勝手に泊まるのもまずいと思い、近くの空き地で急遽キャンプ。こういう何も決めない旅もなかなかスリルがあって面白いです。もちろん、師匠がいるから安心してできるのですが・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2005-05-03 21:51 | travel, diving, ovtd