映画: 三銃士

b0021101_12552775.jpg最近、とみにマントものに弱いです。レンタルのダダ券があったので、借りてみました。マントだらけで楽しいです。でも、こっちのほうは、色っぽいマントさばきというより、バサバサと明るくて威勢のいいマントだらけです。

”三銃士”

始まってから、”あ、この映画見てたわ”と気付いた。でも、ほとんど話を忘れてた。この手の娯楽映画はは楽しいけど、すぐ忘れちゃうのよね。忘れちゃちゃうから、平気でまた見ることが出来るという美点もありますね(笑)。

この頃の映画は、まだ短くて1時間40分。軽く見るにはちょうどいい長さです。”オペラ座の怪人”だったら、ディレクターズカットを作ってもらって、たとえそれが5時間であろうと見ちゃうだろうけど、普通の映画はやっぱり2時間弱ぐらいが見やすいなぁと思いました。むやみやたらに長い映画が最近多い気がします。

出演者はけっこ豪華です(チャーリー・シーン、キーファー・サザランド、クリス・オドネルなど)。当時は彼らが光っていたのかな?若くて元気のいいクリス・オドネルが意外と可愛い。、最近はどうしているんだろう。キーファー・サザランドは若いのにいつも渋くてなかなかです。そして、またしても、こんなとこにも発見してしまいました、”Tim Curryさん”です。悪役枢機卿の役ですが、ぴったり。結構、この人好きなんですよね。”ホーム・アローン2”のいやらしいホテルマン。”Attila”にも出てました(まだ、本編は見てないけど)。イギリスの人だったんですね。

とにかくスピーディに話が展開して、息もつかせない。アクションあり、ほろりシーンもあり、勧善懲悪のご気味いい映画です。うだうだ細かいこと言わずに娯楽として楽しむにはぴったりかな。5点の★★★1/2。

P.S. 
バンデラスとキャサリンゼタで、ゾロの続編を作っているらしいですね。これも楽しみですね。
[PR]
by the_big_blue | 2005-05-22 13:14 | Entertainment