映画: サハラ

今日は、またダダ券をゲットしたので、”サハラ”を見てきました。一昨日、朝起きたら首を寝違えてて、今日はバンテリン塗りながら仕事してました(オヤジのようです)。

クライブ・カッスラー原作〔”死のサハラを脱出せよ”)、から飛び出た新しいヒーロー ダーク・ピットの登場だぜ。なかなかカッスラーがこの映画化を許可しなかったそうですが、これならということで映画化されたとのこと。

ダーク役に、マシュー・マコノヒー。もう、なよなよしたスマートな兄ちゃんじゃないです。筋肉ムキムキのネイビー上がりの発掘野郎でござい。
そして、相手役は、男殺しペネロペ。確かに、顔小さいし、エキゾチックな顔立ちと、小柄でしまった体、舌足らずのようなスペイン語鉛の英語、男性ファンは多いのはうなづける。

映画は、かなり期待してたんだけどねぇ・・。素晴らしい~~~ほどつまらない!最初の一時間で時計見ちゃいました。あああ、どうしたらいいの。”マスク2”といい、期待はずれが続きます。同じ娯楽でも”レイダース”のような大傑作もあるというのに。お金はかなり使ってると思います。でも、ストーリーもほとんど中身がなくて、サハラ観光映画かなという感じか。ろくなこと書けないのでこの辺でやめときます。

この前見た、”ミリオンダラーベイビー”なんて、これに比べたら格が全然上であった。
この映画で学んだ事が一つ。らくだの鳴き声は、チューバッカ(SW)の声と同じだったということです。5点満点の★。
[PR]
by the_big_blue | 2005-06-13 22:42 | Entertainment