サイレント映画: ロン・チェイニーの"オペラ座の怪人”

b0021101_23392349.jpgオペラ座の怪人ファンなら、やっぱりこれを見なくてはならないと思っていました!ゴシックロマンの傑作、サイレント映画である"オペラ座の怪人”。なんと、このシリーズは名画が380円(定価)で買えるのです。

【制作国】アメリカ 【制作年】1925年
【時間】107分【ジャンル】ホラー
【監督】ルパート・ジュリアン
【原作】ガストン・ルルー/ウォルター・アンソニー
【脚本】エリオット・J・クローソン
【キャスト】ロン・チェイニー Lon Chaney/メアリー・フィルビン Mary Philbin/ノーマン・ケリー Norman Kerry

実は、サイレント映画を通しでみるのは初めて。なかなか興味深かったです。バックに流れるクラシック音楽が全然合ってない~~。白鳥の湖らしきものがかかっていたような気がする。ストーリーは暗いのに、妙に音楽が淡々としているのですね。

公開当時の人が怪人の顔を見たときはさぞかしショッキングだったでしょうね。怪人の大げさな動きは舞台でみたケンヒル版のファントムの動きに似ていなくも無い。ちょっとコミカルに見える。仮面をつけている怪人をみて、江戸川乱歩の小説に出てくる”黄金仮面”思い出してしまった。でも、仮面のほうが、仮面をとった怪人の素顔より怖いと思った。

ALWもこれを見たんだろうなぁ。オルガンを弾くときに怪しい東洋風の帽子をかぶるところや、Read Deathの姿は舞台と良く似ている。でも、ストーリーはこちらのほうが原作に忠実かもしれない。謎のペルシャ人も出てくるし、鏡張りの拷問部屋もあるし、地下の火薬庫も!最後は、あまりに可愛そうだ・・・・。

何度も見たい映画ではないが、最初に映像化したというところがすごい。おっと、もう、四時ちかいじゃん。評価は5点満点で★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2005-06-18 23:47 | POTO-JOJ, Gerry