映画: ベオウルフ

b0021101_2346378.jpg”ベオウルフ”(Beowulf)”というタイトルが気になってまして、今日TSUTAYAがレンタル半額だったので、思い切って借りました。Beowulfは普通であれば、文学セクションにあるべきなのですが(笑)、SFのセクションにあります。古代叙情詩が近未来SFへとどのように生まれ変わるのでしょうか?JupiterさんからB級だと聞いていたので、心の準備は出来ています。

ラクでいいな、1時間半程度の映画は。なるほど、こんな風になっちゃうわけだ・・・。確かにBeowulfが怪人(グレンデル)と戦うというところは同じだし、お母さんまででてくるからある意味原作に忠実?ちょいとびっくり。だけど、それだけだな~。怪物と、友情と、愛のトライアングル、出生の謎、そして意味もなく出てくるセクシーなおねぇちゃん~♪と盛りだくさんですが、浅い!間違いなくB級です。B級は結構好きだったりします。

主演のクリストファーランベールは、目にそこそこ力はあるし、ガタイも悪くないし、ワイルドな香りもする。と同時に大根役者のようでもあり、年取った犬のようでもあり。よくわかんないや。

評価は5点満点の★★
[PR]
by the_big_blue | 2005-06-30 00:15 | Entertainment